ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年05月08日

今年はすでに見ごろの鬼無里

GW中、どうしても今年は行っておこうと思っていた鬼無里の奥裾花自然園。
ただ、その日、白馬は朝から雨・・・。
それでも今日しかないし、雰囲気だけでも見に行ってみよう。
そう思って出かけたのはスタッフたまちゃん。

奥裾花自然園

奥裾花の渓谷へと入っていっても、外の景色は雨粒が邪魔しています。
新緑がきれいだったのに、天気ばっかりは仕方がありません。

とはいえ、駐車場に到着すると、なんとか雨も小雨へと変わり、ほどなくで雨はやんでくれました。
助かった!!

水芭蕉の群生地まで、駐車場からバスに乗るかを迷いましたが、バスの待ち時間を考えると、歩いても変わりありません。
ということで、駐車場から歩いてミズバショウ群生地を目指します。

なぜ歩いたかって、それは・・・・

奥裾花自然園

やっぱり!!
外の景色を見ていて、山桜が咲いているのが分かったので、この桜が咲いているかもしれないと思って歩いたようです。

その後も九十九折りの道路を上がっていきます。

奥裾花自然園

雪はほどんどありません。さっき通ってきた桜の場所がひときわ目立ちますね。
そして、きがつくと雨がすっかり止んでくれています。

通常だと、この辺りはバスに乗って通過してしまう方が多いのかもしれませんが、歩いた方だけがじっくり見られる景色です。
片道をバスで、片道を徒歩で
そんな方も多いですね。

駐車場からゆっくり登って歩いて30分程度
奥裾花自然園の入口までやってきました。

奥裾花自然園

例年GWの頃だと、一面まだ雪が残っているのですが、今年は雪もありません。
緑が芽吹いてきていて、この景色だと5月中下旬と言った様子です。


今回は時間の都合もあり、水芭蕉が群生する最大の場所、今池湿原をぐるりと往復してきました。

整備された遊歩道に沿って歩いていくと、あら、咲いていますね。
ミズバショウ

奥裾花自然園


道中の雨が嘘のように晴れてきて、ラッキーこの上ありません。
青空も見え、日差しが差し込んでいます。
奥裾花はブナの林でもあります。

奥裾花自然園

広葉樹にあたる春の日差しって、とっても優しいんですよ。
見ているだけで、なんだか自然っていいなぁって改めて思えるんです。とたまちゃん。

今回の主役はミズバショウですが、こうして春を告げる花にも出会うことができました。

奥裾花自然園

実はこの奥裾花へは、愛娘と一緒に行ったのです。
晴れてきましたし、一枚写真を撮ってもらいました。

奥裾花自然園

春の小川とブナと私


肝心のミズバショウは、今がもう見ごろと言える状況でした

奥裾花自然園

こんなに咲いていて、葉っぱも出てきています。
新緑も動き出していることもあって、とってもきれいでした。


少し角度を変えて

奥裾花自然園

これが鬼無里です。
何年ぶりだろうというくらい久しぶりにやってきた奥裾花自然園
満喫できました。

奥裾花自然園

苔むした木なんかもやたらとかわいく見えたりして


空を見上げると、雲がすっかりなくなるほど、雨のち快晴

奥裾花自然園

ステキ
晴れ女とは言われるようですが、ここまで急に天気が変わるものなんですね。


ぐるっと回って帰りみちも徒歩を選択しました。
途中の神社によって、その神社の池にあった、この白い塊

奥裾花自然園

クロサンショウウオでしょうか。


GWでしたが、朝の雨もありましたし、例年はまだ雪の多く残るころということもあり、車の量もそう多くはありませんでしたが、素晴らしい天気になったことが何よりです。

奥裾花自然園

とはいえ、すでに見ごろになってしまっている奥裾花自然園のミズバショウ
このペースで行くと、今年の栂池自然園も、オープンする頃にはミズバショウがそれなりに見ごろなのでは??
(オープンは6月1日)

楽しめましたが、そう考えるとわずかながらの不安も覚えるたまちゃんでした。


新緑とミズバショウが素晴らしい鬼無里の奥裾花自然園
そして、奥裾花自然園手前に広がる道路沿いの渓谷、奥裾花渓谷の景観もこれまた素晴らしいです。

奥裾花自然園

ぜひお出かけくださいませね。


写真 たまちゃん
文 とみしん

23:55 | Comment(1)
この記事へのコメント
鬼無里、奥裾花自然園はミズバショウや紅葉のシーズンに何回か行きましたが、白馬村の奥座敷に来た気分になりますね。ミズバショウの大群生は圧巻でした。渓谷の岩肌を彩る紅葉も素晴らしいです。
ところで、鬼無里という地名、以前、きなさと読めず、おになしさとと密かに思ってました(笑)。鬼がいない安全な里・・・最近はWikipediaなんかで鬼無里のことを調べると、歴史的にも奥座敷のような地であることを再認識しました。また、ホテルを起点に行きたいです。
Posted by さとけん at 2018年05月10日 00:42
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]