ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年05月15日

緑の癒し、安曇野大王わさび農場

5月も中旬にして、こっちは暑いよとおっしゃるお客様もいらっしゃいますが、白馬はまだ気持ちがいいものです。
先日、用事がてら安曇野に出かけまして、緑の様子でものぞいてみようかなと、ちょろっと寄ってまいりました。

大王わさび農場

午後になってしまいまして、アルプスの山はシルエットになっています。
自家用車の駐車場が田んぼの先にあるので、山が田んぼにうつるにはうつるのですが、車がなんとももったいない感じがします。
白馬の白い山を普段見ていますと、このあたりの山の雪が少なく感じますね。
常念から燕、有明山、右に行って餓鬼岳、さらに奥には白馬三山がそびえますが、大王わさびのこの田んぼの淵からだと、白馬が木々に隠れてしまっていました。


大王わさび農場

わさびの花の時期は終わってしまいました。
暦の上では立夏も過ぎ、太陽も強くなってきていることもあって、わさび田には遮光シートがかけられています。
これはこれでわさび田の風景です。
大王わさび農場は入場料がありません。
中を自由に見て回ることができます。

大王わさび農場


山葵に特化した売店や飲食のお店があるほかに、園内ところどころにこうした建物があったりして、楽しいというか、散策するにはいいところだと思います。
これと言って、「これを見て帰らないと!!」というほどのものはありません、というか、わさび田がメインでしょうからね。

ただ、時間があるならば、園内の奥へと入っていくと、萬緑の湧水なるものがあります。

大王わさび農場

水が湧き出ているんだそうで、ここ以外にも水が汲める場所がありまして、それぞれ飲むことができます。
こちらは二筋に水が落ちていまして、京都の東山にあるお寺にもこんな滝?があったなぁと思いながら、大王わさびの萬緑の湧水は、向かって左側が美人の水、右側が智恵の水となっています。

美人の水の効果はすぐに出るんですよ。
美人の水を手に取って、飲んでみてください。
顔や肌に塗らなくっても構いません。

水を飲んだら、近くにいるご主人か彼氏さんか、訳ありの方か、それともお友達なのかはわかりませんが、飲んだら「美人になった?」と聞いてみてほしいのです。
きっとそう聞いているあなたは笑顔のはず。
そんな意味で美人の水・・・なのかな。なんて思っていますw

(個人の意見です)

この大王わさび農場は日本で一番大きなわさび園

大王わさび農場


大きさの表現が難しいですが、遥かに広がるわさび田。
上から見下ろすようにわさびの沢を眺めることができます。


一方で、園内にはこの遮光シートと同じくらいの高さに遊歩道があるエリアもあり、初めて見たときには、案外シートが高い位置に貼ってあることに驚きました。

大王わさび農場

いわゆる日傘をさしている状態です。

その遮光シートの下は快適なのでしょうか、すくすくと山葵が育っていました。
山葵と言えば、清流、湧水、と、水がつきものです。

大王わさび農場

こうして砂利の足水があって、はだしになって中に入ることができます。
ひんやり冷たいですが、手指が痛くなるような雪どけ水ではありませんので、暑い日には大人こそ、靴下を脱いで入ってみてはいかがでしょうか??


ぐるっと園内を周り、最後は??
緑のスポットで締めです。

定番の場所ともいえます、黒澤明監督の映画で有名になった水車小屋
水の流れと緑の具合がこの季節は何とも言えず、まぶしい

大王わさび農場

多くの方が、このわさび農場にやってくると、こうして水車小屋の写真を撮っていきます。

ただ、もしもこの場所に「午後」に来たのでしたら、少しだけ視線を変えてみましょう。誰も向いていない川の下流へを目線を流します。

大王わさび農場

この緑の具合がとっても好きです。
水の中も、周りも、みんな緑に囲まれた景色を楽しめるんです。
ダメですか??



最後はわさびソフトクリーム??

と思ったのですが、最近は、大王わさび園へ海外からのお客様が多くなっているというウワサをよく耳にします。
なるほど、確かにバスツアーで来ているグループの方を目にしました。

そして、みなさんこのわさび農場に到着すると、まずはわさびソフトのところに行って並びます。
どうもツアーにソフトクリームが含まれているようです。

わさびソフト、360円になりました。
食べていこうかなと思っていたのですが、ちょうどのタイミングでツアーの方々が大勢でソフトクリームに並んでいましたので、すみません
あきらめました。


なので、今回駐車場も無料ですし、見学も無料
売店で少しだけ試食をして帰ってくるという、ゼロ円プランになってしまいました。
さらにお手洗いも借りましたしw


ここは売店もオリジナルの品ぞろえで、見るだけでも楽しいです。

知っているよというかたも、何年か行ってらっしゃらないようでしたら、白馬に来る際、帰る際、寄ってみてはいかがでしょうか??
もちろん初めての方もぜひどうぞ。


わさび園の回し者??
とみしん

23:57 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]