ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年05月31日

富山のます寿司といえばこのお店

久しぶりに食べました。
とはいっても、今年の初めにブログでも書いたのですが、信州サーモンのお寿司をいただいています。

2018年01月04日 長野名物☆牛乳パンと信州サーモン!?

この時に食べた信州サーモンのお寿司は、ます寿司と言われても疑わないレベルでした。

JR白馬駅でもます寿司は売られていまして、富山市内にある有名店、源のますのすしだったはずです。
私も昔は源のますのすしをよく食べました。


ただ、一度このお店のます寿司をいただいてからは、機会があったらまた食べたいと思っている富山市内のます寿司店があります。
こちらも実はかれこれ6年も前にブログに載せたことがありました。

後で紹介します。


先日、富山に行きました。
その時に真っ先に思ったのは、このお店に寄れたら寄りたい。
ということ。

予約しておかないと買えないイメージがありまして、念のために電話を入れます。
富山インター近くにある、扇一(おぎいち)というお店です。


扇一のますずし


こうしてお店に寄るのは今回が初めて。
今まで何回か食べていたのですが、今まではFAXで注文して、代金引換でクロネコヤマトでホテルに送ってくれていたのです。
そして、お店の入口には「本日は売切れました」の貼り紙。

予約してあることを伝えると、すぐに出してくださいます。
時間もなかったので、そのまま帰路へ着き、白馬へ
家で食べるのを楽しみにしていました!!

扇一のますずし

じゃーん

これが久しぶりの扇一さんのます寿司です。
背景が黒くなっていますが、たまたま自宅のテーブルの色が黒かっただけですw

紙をはずして中は??

扇一のますずし

こうして竹に抑えられて登場するます寿司。
輪ゴムをはずして中を確認します。

扇一のますずし

この笹の感じではよくわかりませんね
昔から扇一のます寿司は、わずかながら枠よりも小さくできている印象があります。

そしていよいよ、中身とご対面

扇一のますずし
ぱかーん。
笹をはずしてからそのままの勢いで、思わず切ってしまいました。

サクラマスの色が鮮やかなます寿司です。

また、
乗っているマスが生っぽい感じがするのもこのお店の特徴
そして最大の特徴が・・・・
ます寿司としては厚いんです。

扇一のますずし

あらら、半分以上食べちゃってますが、断面図見えますでしょうか??
マスの厚さがいい具合です。

とにかく分厚います寿司がこの扇一の一番の特徴です。


おいしく残さず、いただきました。
お醤油。はい、程よく使いましたよw

そうそう
こちらが以前に書いたブログです。
2012年04月03日 扇一ます寿し本舗 ブ厚い・・・


ブログを見ると、当時は1300円だったそうですが、今はご存知ですか??
1650円になっていました。

それでも美味しいますの寿し
また季節を変えて食べたくなったら、FAXで注文出してみようかなとも思っていたところです


ます寿司もいろんなお店がありますが、みなさまもいろんなお店のます寿司に挑戦してみてください。


そして、教えてくださいね
とみしん
23:53 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]