ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年06月02日

スタッフ一番乗りはたまちゃん!!in栂池自然園

いよいよ白馬のグリーンシーズンが開幕、と言えるのか、6月1日に栂池パノラマウェイが、そして6月2日今日から八方アルペンラインの運行が開始されました。
と言いつつも、今年は5月の連休から八方尾根の一部なのですが、「北尾根高原」が営業をしていましたので、天気が良ければぜひ、おススメしたいと言える場所がありました。

オープン初日の昨日から何件か問い合わせの電話も入ってきています。
栂池自然園、今年はどんな様子なんでしょうか。
今朝、一緒にレストランで勤務をしていたスタッフたまちゃん
勤務が終わった際に、珍しく
「私、先に(仕事を終えて、栂池へ)行っていい??」
と聞いてきました。

外は快晴
写真よろしくねと、言うが早いか、栂池自然園を目指しました。
今シーズンの栂池は、この写真から始まります。

栂池自然園2018.6.2

栂池パノラマウェイのゴンドラを降りて、ロープウエイへ乗換の道から。
雪はもうありません。
緑が気持ちよさそうですね。
久しぶりにゴンドラを降りて空気が変わったことが、あぁ山に来たんだな。
そう感じていたそうです。

私たちはその頃、ホテルで「今日は暑くなってきたね」なんて話していた頃でしたw

ロープウエイの駅へと乗り換えで遊歩道を歩いていると、道端に野良ミズバショウが咲いていました。

栂池自然園2018.6.2

湿原でもなんでもないところで咲いていたミズバショウ。なかなか見ごろな様子です。
足元の花を見ながら、ロープウエイへ

栂池自然園2018.6.2

もちろんですが、今年も一緒のロープウエイです。
写真撮影用でしょうか、遊歩道に栂池ロープウェイという看板が置かれていますね。
これで写真を撮って後で見ても、どこの写真か一目瞭然w


栂池自然園2018.6.2

ロープウエイが出た直後、眼下に水芭蕉の湿原が広がります。
進行方向左手の後ろ側辺りから良く見えるんですよ。
今年はちょうど見ごろの様子です。

ロープウエイの乗車時間はわずか数分
下車してからさらに景色が変わりました。
今年は白馬の里の雪は多くありませんでした。
実際に各スキー場はGWまでの営業がギリギリだったところが多く、土の上を滑っていたなんていう話も出ていたほどです。

ただ、山の上の雪は・・・・あったようですね。

栂池自然園2018.6.2

自然園手前の道の左右に今なお残る雪。
今年は雪の小谷(おたりじゃなくって、こたに)なんて言ってるそうですよw
まだ数メートルの雪が残っています。
とはいえ、風さえなければ寒くはないんだそう。


そして、一歩自然園の入口に入ると
この景色

栂池自然園2018.6.2

里で暑いなんて言葉が嘘のように一面の雪原が広がっています。
朝はキレイに晴れていた山にもにっくき雲がかかってしまいましたね。

園内にはまだまだ雪が残ります。
ただ、例年よりはわずかに雪も少ないように感じたというたまちゃん
確かに一部では木道も見えてきているところがあったんだそう。

雪がほとんどですが、その上を進んでいくと、所々でこうして花が顔を出しています。

栂池自然園2018.6.2

雪が普通に消えているところがあって、それがこれから日に日に広がっていく。
それとともにミズバショウが咲いていく
そんなところでしょうか。

栂池自然園2018.6.2

場所を変えて、こうして何か所かの雪が消えた場所に、一斉にミズバショウが咲いてきているようです。
締まった春の雪の上を奥へと進むことができます。
ちょっと、というつもりで歩いても、ふと気がつくと案外と中へ入ってきているものです。

栂池自然園2018.6.2

凸凹しているので、歩きなれない場所ですが、6月にこんな場所に自分がいるというのも変な感覚だったとか

園内にはところどころに奥へ進む目印となる、ピンク色のリボンがつけられていて、先へ行く際にはそれに沿って進むことになるようです。
雪のない時期の木道とは異なる道を進むことになるので気をつけましょう。

栂池自然園2018.6.2

こうして一部では木道が見えてきている場所もあるそうです。


この季節、人の数は多くはありません。
栂池自然園のライブカメラもあるので、それを見て遠慮する方もいらっしゃることでしょう。
でもたまちゃんが今日、栂池を歩いていたら、お客様から声を掛けられたんだそうです、これにはびっくりしたけれど、嬉しかったとたまちゃん。

栂池自然園

まだまだ春が来ていない栂池です。

青空の広がる、アルプスが迫る景色を見る予定だったのに・・・。
ただ、天気だけは誰が何と言おうとも、勝手気ままです。
でも、せっかくここへ来ました。
足を止めて周囲を眺め、体の中の空気を入れ替えました。

栂池自然園

今年もこれから、多くの人がこの場所を訪れて、花を楽しむことでしょう。
私(たまちゃん)も今年は何度来ようかしら??


園内は雪が主役ですが、自然園の入口にある、ビジターセンター前ではこんな花が咲いているそうです。毎年のことですから、言われただけでピンと来る方もいらっしゃるんじゃないでしょうか??

栂池自然園

紫色のこの花です。
シラネアオイ

ちょうど今が盛りの咲き方ですね。
花壇に植えるとこうは咲いてくれません。
自然が一番なんでしょうね。

ビジターセンター周辺も雪の量はまだまだ多く、これ、たまちゃんの目線の高さで撮った一枚です。

栂池自然園

まだ高いところまで雪が残っていますね。
雪の残る栂池自然園
ミズバショウの見ごろは、例年ですと6月20日から25日あたりですが、今年はどうでしょう、この雪の具合から見ると15日から20日くらになりそうでしょうか??


それと、たまちゃんが言ってたのですが、今年はオオシラビソの松ぼっくりがたくさんできる年になるんじゃないかということでした。
写真に収める暇はなかったようですが、たくさんの松ぼっくりになりそうなもの?があったということです。


たまちゃん恒例の一枚

栂池自然園

ちょうどパラグライダーが飛んでいたので、栂池パノラマウェイから一枚
白馬村をこうして上から眺める季節がやってきました。

八方尾根はまだ行っていませんが、ここまでの雪はないはずです。
私も行きたいのですが、私はどうでしょう、もう少しの間は難しいかもしれません・・・。
がまんがまん
でも、天気のいい日はいいでしょうね、これからの季節。

景色が、花が、アルプスが、私たちを迎えてくれる季節が到来しています。



写真 たまちゃん
文 とみしん

23:59 | Comment(1)
この記事へのコメント
6月2日、3日と泊まらせて頂いた者です。スタッフの皆さんの対応がものすごく良くて、また行きたいと思いました。
その中でもレストランのスタッフで2日の晩と3日の朝にもいた若い女性スタッフの対応が神でした。早朝にも関わらず天使のような笑顔でご飯を多めについでもらえて、とても幸せになりました。連絡先を聞いとけばよかった。。。w
Posted by シャー at 2018年06月03日 14:40
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]