ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年06月25日

白馬大雪渓で感じるでっかい景色

アルプスのふもとに暮らし、普段はホテルからの景色を楽しんでいますが、いざ山に近づいてみると、その景色の大きさに改めて感動します。

ホテルから車で20分も走ると、白馬岳への登山口である猿倉に到着します。
白馬岳まで登る方はもちろん、この猿倉周辺の散策を楽しむもよし、少し足を伸ばして日帰りのトレッキングを楽しむもよし。
先月行われた白馬連峰開山祭でも、この猿倉から白馬大雪渓までのトレッキングが実施されました。

今年はその開山祭の日に、ホテルお留守番をしていた私にとって、今シーズン初の山歩き!?
仕事の合間にいてもたってもいられなくなって、ちょうど暑かったこともありまして、フラっと行ってきました。

やっぱり山はいい!!

この一言に尽きます。
もう駐車場についたときから山の大きさに、初めて見る景色ではないにせよ、歓喜の声を上げていました。
大きな山が正面にそびえます。

白馬大雪渓へ

いい!!
ガスが出る前にと、準備をして駐車場横にある登山口の猿倉荘へ

白馬大雪渓へ

晴れた空、白い雲、いい!!


そしてそして、いざ林の中を歩きだし、林道へと出て、それを10分も進んでいくと、パッと開ける景色

改めてその先にそびえる白馬岳

白馬大雪渓へ

すごいいい!!
ただ、ごめんなさい、写真と違う、いや同じなんだけど、全然違う。

このポイントまで来て、山を眺める。
それだけの目的というのもありかもしれない!?
天気が左右しますが、すっきりと晴れてくれたのが何よりでした。

花もちらほらと咲く中、途中の長走沢にて

白馬大雪渓へ

あら、例年だとコンクリートブロックの上に板が置かれて橋になっているのですが、今年は橋を下ろしてあります。5月終わりの開山祭の時にも同じだったようですね。
雪どけの冷たいせせらぎに手を浸し、外にいる、山にいることを実感しました。

すごい、すごい
何度も歩いたところではあるけれど、見える景色、色も音もなんでこんなに新鮮なんだろう。
山に行ってきて、帰ってきてから撮った写真を見ると、なんでこの写真撮ったんだっけ??
そんな写真が混じっていることはありませんか?
でも、きっとその場所では、いい!!(またはいいかも?)と思ってシャッターボタンを押したはず。

私なんて今でもそう。

白馬大雪渓へ

きっと、飛行機雲でさえきれいに思って撮ったんだろうなぁ。
歩き出した猿倉からほんのわずかですが、季節が遡っているのを感じたのは、ここから道が細くなる御殿場に到着したころです。

白馬大雪渓へ

猿倉周辺で咲いていた花が、御殿場ではまだつぼみ。
少しずつ白馬大雪渓に近づいているんですね。

細くなった道を一歩ずつ登っていくと、どうどうと流れる川を渡るときに白馬岳、見えてきました。

白馬大雪渓へ

まだまだ遠い?いえ、白馬大雪渓までは20分くらい。
登山道では今まで出会っていない花に会えました。

白馬大雪渓へ

シラネアオイ

サンカヨウ、そしてシラネアオイ
ニリンソウやら他にもありましたよ。
それと、思ったのですが、もしかして今年はコバイケイソウが当たり年!?
咲いていたのはまだありませんでしたが、登山道わきに見かけたコバイケイソウ

白馬大雪渓へ

花芽がついています。
他の株も花芽を持っているのがほとんどでした。
何年かに一度しか咲くことのないコバイケイソウ、もしかしたら今年はいいかもしれません!!
これは事件です♪

白馬大雪渓が近づくと、急に季節が逆行します。

白馬大雪渓

まだ雪が消えて間もないことを感じさせる登山道。
思ったよりも雪が消えるのが遅かったようです。
この辺りにサンカヨウが大群生しているかと勝手に思っていたのですが、巡り合うことは叶わず・・・。
その代わりに出会うことができた春の花

白馬大雪渓

オオサクラソウ


そして、長かったような近かったような!?

白馬大雪渓

白馬尻へ到着しました。
浅い緑の大雪渓の末端です。

今の時期はこの山小屋の庭がそのまま大雪渓につながっています。

白馬大雪渓

荷物を下ろすと、ちょうど下山してきた方がいらっしゃいました。

私は虫よけを持ってきておらず、虫たちと格闘・・・。

白馬尻から見上げると、白馬大雪渓の上部が山の蔭へと消えて行ってしまうので、そのまま雪の上に出てみましょう。
ウロウロするくらいならアイゼンなんかは無くても大丈夫(大丈夫な範囲で出てみましょう)

白馬大雪渓

雪の上を対岸側へと少し歩いていくと、こんなふうに上部を覗くことができました。

働いている近くにこんな場所があったなんて・・・いい!!

雪どけとともに咲くキヌガサソウも咲きだしています。

白馬大雪渓

白馬大雪渓までのトレッキング
大きな景色の中に入っていってみませんか??



とみしん

21:05 | Comment(2)
この記事へのコメント
27日の下見に行ってきたんですね、いいな〜
一昨年の開山祭と同じ位の雪が残っていますね、大雪渓の涼風届け〜
6月からバスが入ってくれないかなぁ
よし! 来年はホテルの新しいアシスト自転車で行ってやる (^^ゞ
Posted by 彩盗爺 at 2018年06月26日 08:07
下見と言っても、私は27日参加せずに留守番なので、一人でこそっと見てきました!
でもやっぱり行ってよかったです。
この時期の大雪渓、人は少ないですが、おすすめの場所の一つなので、確かに交通は欲しいですよね。
電動自転車どうなんでしょうw
大雪渓用にバッテリーの予備を用意しておいたほうがよさそう!?
Posted by とみしん at 2018年06月26日 23:18
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]