ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年06月26日

いざシーズン初の八方尾根へ! その1

火がついちゃいました。
なんて、でも実際にそうなのかもしれません。
行くと決めたらお仕事のことは忘れましょうw
お仕事はお休みにしてもらって、でもブログ用に写真は撮ることは忘れずに。

八方尾根へと出かけてみました。
ローソンでおにぎりとパンを買って・・・。

白馬三山の上部が少し雲に隠れてきていましたが、空は真っ青で気持ちのいい月曜日でした。


ゴンドラでわずか8分、登った先の兎平
見慣れたはずの、今年初めての景色。

八方尾根トレッキング

家でお昼まで寝ていようかなと思ったこともありましたが、やっぱり朝起きて来てよかった。
空気もうまいし、ステキな青空

二つめの乗り物、リフトで上がった黒菱平、鎌池湿原

八方尾根トレッキング

残念ながら白馬三山の一部が雲に隠れてしまっていましたが、今年も来たよーと、心の中であいさつ。
そして、白馬大雪渓への登山道で感じた、コバイケイソウという植物が何年かに一度花を一斉に咲かせるのですが、それが今年かも??
と思っていたことが現実に!?

黒菱平付近ではすでにコバイケイソウの花穂が上がってきています。

八方尾根トレッキング

花、咲かせそうです。
やっぱり今年は何年かに一度の花の年のようですよ!!


小さなことかもしれませんが、テンションが上がるには充分でした。
最後のリフトを登り、軽く体を動かして歩き出します。

直登の尾根沿いを歩く道と、迂回してジグザグに登る道

地元では、尾根道のことを男道、迂回コースのことを女道なんて呼んでいる方もいらっしゃいます。
今回は男道で登りました。

写真で言うと右側が男道、左奥へとのびるのが女道です。
岩がごつごつしていますが、歩き出したばかりです。

八方尾根トレッキング

ゆっくりと進みましょう。

小さな花が出迎えてくれたのは嬉しかったです。

八方尾根トレッキング

私、この花好きなんです。
なんででしょう??ムシトリスミレ
今、八方尾根のあちこちで咲いていますので、きっと見つかることでしょう。

八方尾根トレッキング

もう間もなく開通しそうですが、女道の一部は今なお通行不可となっています。
途中に雪が残っていて、それでも今週末あたりからは通ることが可能になりそう。
昨日、25日は分岐のところに立入禁止が書かれていました。
右側の男道を登ります。
新しく階段が整備されました。
段数にして230段くらい

尾根の道は風の通り道。
汗をかきそうになりますが、涼しさも感じられます。
石神井ケルンではこの花が迎えてくれました。

八方尾根トレッキング

ノビネチドリです
大雪渓で出会った花とはまた違うのがウレシイです。
景色に元気をもらい、花にも元気をもらう

ちょっとずつの元気を何度ももらいながら足が進みます。
そうそう、石神井ケルンから第二ケルンまでの間は、ニッコウキスゲが咲いてきています。

八方尾根トレッキング

全体的なピークには少し早いかもしれませんが、ちらほら咲いているんですよ。


第二ケルン手前の男道と女道の合流点

八方尾根トレッキング

トイレがあり、リフトを降りた場所には、このトイレはまだ冬季閉鎖中と書かれていましたが、使えました。もしかしたらこの日だけかもしれませんが、普通に使えるようになっていたようです。(私使いませんでした)


第二ケルンを過ぎると、目指す八方池まではだいぶ近くなってきます。
前方のはるか先には不帰のキレットと、わずかながらに唐松岳が

八方尾根トレッキング

日差しを受けながら歩きます。
第二ケルンから第三ケルン区間では、こちらも私が会いたかった花
チャボゼキショウ

八方池から丸山ケルンへ

小さくって地味なんですが、私が山で大好きなお花、イワショウブを小さくしたような花で、似ているということもあって好きなんです。
さらに、目立たないのがまたステキw
数はたくさん咲いているので、見て行ってください。

坂道を登り、開けた場所の先でこの花に出会うと、目的地の八方池は間もなくです。

八方池から丸山ケルンへ

高嶺の花ですね。名前はタカネバラ
歩き出したのが9:15頃でした。
八方池の一段上、第三ケルンに到着したのが10:15
ちょうど一時間です。

八方池から丸山ケルンへ

見下ろす八方池は、雪の下から池が顔を出してきています。
これで山が見えたら最高なのですが、ここで贅沢は言えません。
岩肌や池が見えただけでもラッキーとしましょう。

半袖シャツで歩きましたが、寒さを感じることはありませんでした。


暑くなるという予報でしたが、山の上は快適で程よい風もありました。
何かの本で書いてあった言葉が頭をよぎります。
『「パワースポット」というものがあるならば、山は全部そうだと思う。』

そんなことを考えつつ、もう少し先まで行って休んで帰ろうかな?そんな気持ちになりました。
少しだけ足をすすめた先の下の樺

八方池から丸山ケルンへ

十五年近い前ですが、ここで何度かお昼寝をしていたことを思い出したりして、懐かしい。
足元には小さい花も見られました。

八方池から丸山ケルンへ

マイヅルソウ
大きな景色と小さな花
ミスマッチのようにも思えるこんなところが好きだったりして。

いいや、まだお腹が空かないし、もうちょい行ってみようか。
丸山ケルンまでは行けるかがわからないけれど、お昼前くらいまで・・・。
天気も大丈夫そうだし。

白馬大雪渓で感じた大きな景色をここでももっと楽しみたい。
無理はできないけれど、せっかくのたまの休みで晴れた日だし、行ってみよう。
気持ちが自分を後押しします。

昨年よりも5kgくらい軽くなっていることも身体が感じていましてww
進んでみました。

林を抜けて、少し急な登りのあたり
私たちホテルはうっすらですが遠くに見えていました。

八方池から丸山ケルンへ

このすぐ先で、道は通称冬道へと変わります。
夏道側の左の道にはロープがしてあり、右上側へと導かれます。
この先は尾根伝いを登る、冬道と呼ばれるルート

八方池から丸山ケルンへ

尾根道は眺めもいいのですが、道幅が狭いということもあって、雪がまだ残る時期のみ、ここを通るようになっています。

八方池から丸山ケルンへ

その冬道に入っていくと、ハクサンチドリがいくつか咲いていました。
まだ正直花の数は多くありませんが、種類はそれなりにたくさん咲いています。

八方池から丸山ケルンへ

八方池の先、冬道に入ったその先にある、急な雪面
いわゆる難所です。
難しいというよりも、斜度があるので覚悟を決めて登りましょう。

八方池から丸山ケルンへ

この斜面を見ただけで無理だと話す方もいらっしゃいますが、今回私は登りました。

はい、登りましたとも。
ここまで一気に登るのは、この先で理由がわかりますが、丸山ケルン手前にある扇の雪渓の上部まで上がってしまうから。
夏場はこの雪渓の下に到着し、雪渓の脇を登って来るルートになっています。

八方尾根丸山ケルン

ちなみに、写真右側の雪の上を歩いている登山者が数名写っています。
写真一番右のグリーンの丘が、丸山ケルンです。
池からは1時間30分ほどの道のりです。

夏の初めにも丸山ケルン直下には雪が残ります。

八方尾根丸山ケルン

今回はもちろん雪のキャンバス
先ほどの難所と比べたら大したことはありません。
多少滑っても、手をついても大丈夫

丸山ケルンは目の前です。


そして・・・11:30

八方尾根丸山ケルン

静かにたたずむ丸山ケルンに到着できました。
急な場所もありました。息も切れたりもしましたが、そんな苦労が爽快に変わります。


丸山ケルンの脇は広くなっています。
唐松岳は見えなくなりましたが、左右には白馬三山、反対側には五竜、鹿島槍

登山道は雪の上から左を周りこむように進んでいるのが良く見えました。

八方尾根丸山ケルン

丸山まで来れてありがとう。
ということで??突然ですが続きはまた明日あたりにでも


・・・・ん?
続き?



とみしん

23:51 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]