ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年08月19日

おいしいコーヒーをレストランで

誤解があるといけないので書いておきますが、今までもおいしいコーヒーをご用意していました。
そのコーヒーがさらに美味しくなった。というお話です。

この春にレストランで仕事をするようになってから感じていたこと。
その一つが「コーヒーを変えたい」
というものでした。
今はコンビニで淹れたての本格コーヒーがワンコインで購入できます。

今まではコーヒーをポットに入れてバイキング会場でご用意していました。
ただ、種類は一つ、ホットのみ
暑かった7月になって、アイスコーヒーのリクエストも声をいただいていました。
また、ポットで用意すると、数が読めず、満タンで用意したコーヒーをそのまま廃棄するようなこともあったりと、もったいないです。


春から準備を進め、そして少し経ちましたが、7月30日
新しいコーヒーマシンが入りました。


・・・名前は特にありません。

コーヒーマシン

こちらが今までのドリンクスペース
そして、角度が違うので違いが分かりづらいかもしれませんがこちらが今のドリンクスペース

コーヒーマシン

ドリンクバーの向かって右側にコーヒーマシンが置かれました。

コーヒーマシン

こだわり?
なのかわかりませんが、このマシンではフィルターが金属ではなくって、紙を使用しているので、何杯出ても常に新しいフィルターで落とすので、味にムラがでないんですって。

コーヒーマシン

こんな風なフィルターをセットして一杯ずつドリップします。


メニューはこちら

コーヒーマシン

大きく二種類の豆のコーヒーです。
ハイランドブレンドとフレンチ。そしてアイスコーヒー

ライトというのはいわゆるアメリカンです。
なぜライトの名称にしなかったかというと、フレンチアメリカンとなるのはわかりづらいのではないかということで、ライトの名称となりました。

実際に設置してからすでに三週間ですね、そんなに経つんだとちょっとびっくり
ちなみに、杯数のカウンターがありまして、さっき見てみました。

コーヒーマシン

ふむふむ
やっぱり圧倒的にハイランドブレンドが多いですね。
リセットしてないので、今日で21日目ですから、お湯を抜いた数で割り算すると、おおよそ一日160杯弱のコーヒーを飲んでいただいているということですね。
あ、ちなみに合計の中の2杯分くらいは私が飲みましたw


アイスコーヒーはコンビニのセブンなんとかの味に近い設定になっています。
朝も夜もご用意していますが、一杯ずつ豆を挽いてドリップするため、コーヒー一杯作るのに30秒くらいかかります。
なので、並ぶこともあるかもしれません。
今はコーヒーマシンの横にポットのコーヒーも用意しているので、お急ぎの方はそちらのコーヒーもお楽しみいただけます。


また、お茶と紅茶も少し変わりました。
以前はお茶はポットに、紅茶はオープン前に出したものを保温してご提供させていただいていたのですが、風味が落ちる、味が変わるということもありまして、ティーバッグタイプのものに変わっています。

ティーバッグ

ここでは四種類のお茶をご用意していますが、これからもう少し種類を増やす可能性もあります。
紅茶があるので、熱いお湯をコーヒーマシンから出せるようになっています。


また、今はあちこち、ビジネスホテルでもやっているところがありますね。
ドーミーさんとか。
コーヒーを持ち帰れるようなサービス。

これについては検討中です。


いれたてのコーヒー。
朝はもちろん夜もお好みで飲んでみてください。
少しずつですがレストラン内も変わっていっています!!



とみしん

23:53 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]