ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年09月19日

いつの間にか秋が進んでいます

9月になって、あまり正確な記憶ではありませんが、2度くらいしか晴れていた日がなかったような・・・・
そんなことを書くと、白馬ってそんなに晴れないの??
そう思われてしまうかもしれません。
なんでしょうね、今年は7月が今までなかったくらい晴れていたので、9月が雲が多かったのか、そんな根拠はありませんが、後から紐づけをしたくなってしまいます。
ただ、今日は久しぶりの好天。

ちょっと里をウロウロしてみたら、思った以上に白馬では季節が秋になってきていました。

田んぼの風景で、似たような写真ばかりになりますが、すみません。
あとで言い訳書きますw

白馬村の秋の気配

田んぼの稲もすっかり黄金色になっていて、陽があたると余計に黄色がまぶしいですね。
ホテル白馬から八方に抜ける細い農道で車を停めて撮りました。
五竜とジャンプ台
高圧電線が通っているのが気に入らない??

今、ようやく白馬駅前の電線地中化が動き出しました。
ただ、こうした高圧電線を地中化なんてことにはならないんでしょうね。
景観が素晴らしいのは山の上だけではなく、里から見上げる景色も私は大好きなのですが、いつか、この電線も東側かどこか、街から山を見たときに視界に入らない場所に移設なんて日が来ることを・・・。


そのままぐるっと回って、木流川のどんぐり橋にやってきました。
稲とそばが見られるかなと思って。

白馬村の秋の気配

畑の畔から白馬三山。
白馬岳だけをクローズアップしても良かったかもしれませんね。
ただ、素人的にはなんだか三山とも写したがるようですw

高く感じる空、日差しはあれども風が涼しく心地よい頃となりました。
すでに夏のあの暑さが懐かしくさえ感じられます。

木流川の少し北側へ移動します。
白馬高校のあたりから八方へと抜ける道、通称「まぐろ道」

白馬村の秋の気配

木流から程近いこともあって、あまり景色は変わりませんが、のどかです。
民家の多いところから一歩林に入るとこんな景色に変わるんですよね。
ちなみにこのまぐろ道は、かつてまぐろ街道と呼ばれ、かつてはまぐろを白馬駅あたりから八方へと運んだ道・・・。
ではありません。
すみません。
漢字では馬畔道と書きます。


車で八方に抜けたので、そうすると必然的に??
車は岩岳方面へと入りました。

本当は白馬岳線の道路を猿倉まで登って、間近で眺める岩々しい白馬岳を見てこようかなと思っていたのですが、里からの眺めもいいかな、稲穂の黄色を楽しむのもいいかな。
そんな風に思って、定番のビュースポット、白馬大橋へ立ち寄りました。

白馬村の秋の気配

松川という川にかかる橋なのですが、この川の淡い水色がいいなっていつも思います。
夏もそう、冷たそう、というよりも実際に冷たい川です。
白馬大雪渓を源とする流れ
紅葉が進んだ10月終わりから11月、今年は秋の紅葉をここから楽しめるのかどうなのか??
いつもの景色だったはずの眺めも、私の中では今この瞬間の景色に変わりました。
しっかり見ておきたい景色になっています。

十分に満足したはずではありましたが、稲穂が黄色い
眺めたい

天神坂??

たまには別の場所ないかな?

と考えて、もう一か所だけ寄り道です。


白馬大橋のすぐ隣から岩岳の裏側にあるどんぐり村へと登りました。
ここにも静かなビュースポットがあります。

白馬村を一望する場所にある展望台

白馬村の秋の気配

右下に写っている橋が白馬大橋です。

黄金色の田んぼが広がる白馬村
きっと今日は八方尾根のゴンドラからもこんなふうな金の絨毯が見えていることでしょう。


どんぐり村展望台からの眺めです。
広場になっていて、過去にもブログに書いたことがありますが、ちょっとした休憩スポット
大きな像が山を指さしています。

白馬村の秋の気配

改めてこの展望台から眺める白馬村、アルプスの横長に広がる景色。
パノラマで一枚に入れてみました。

白馬村の秋の気配

白馬三山に八方尾根、五竜とその先の鹿島槍ヶ岳とアルプスが連なります。
権現山と南に広がる白馬村、そして白馬ハイランドホテルも!!わかりますか?


小さいですが見どころ、景色の良いところはあちこちにあります。
白馬三山をここから眺めるなら、展望台近くからの方が良く見えるかもしれません!?

白馬村の秋の気配

ススキも秋の植物。そう、七草で言う尾花ですものね。
毎回田んぼを写しても、何を写しても、カメラはアルプスを、白馬三山を向いてしまいます。
白馬のシンボルでもあり、心のよりどころなんでしょうね。
だからすみません。
きっと本物のこの山を見たら、みなさまも同じように撮ってしまうことでしょうから。


秋色の白馬村
山の上の稜線(2800m)では草紅葉になっているそうです。
そろそろ八方尾根や栂池の紅葉が気になりますね。

行けたら行きたい。
いや、きっと行きたい

穏やかで天気のいい白馬村、いー景色です。



コメントの返信書いてます。
近日中にはメールを含めご返信させていただきます!!

とみしん

22:22 | Comment(1)
この記事へのコメント
まぐろ道、さば街道とかけてますか?
この時期になって、とみしんさんの新たな一面発見。
Posted by くらうど at 2018年09月20日 19:16
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]