ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年10月25日

ちかっぺが行く!雨飾登山

いつかは登ってみたいと思っていた雨飾山。
近くにいるとはいえお休みと天気、自分の体力との調整がなかなかつかず伸ばし伸ばしになていましたが、とうとう実現しました!

IMG_2284.jpg

日頃の運動不足から頂上というよりは行けるところまで行こうという軽い気持ちで紅葉の小谷に出かけました。

IMG_2376.jpg

紅葉はもう終わりに近いのかな・・・と思っていましたが駐車場に向かう途中もそれは見事な紅葉でした。登山をしない人でもおすすめの場所です。


IMG_2288.jpg

今回は6:30に登り始めたのですがお昼に近いほうが太陽が当たって紅葉がきれいに見えた気がしました。ブナ林の中を歩いていくのですが陽が当たる木に生えている苔のきれいなこと!また見事に張った木の根が素晴らしい・・・

IMG_2372.jpg

IMG_2291.jpg

噂には聞いていましたが急登がおおい!

IMG_2302.jpg

IMG_2306.jpg

それでも突然現れる布団菱や荒管沢、梯子やガレ場を過ぎ緑一色の笹平、変化に富んだ景色が魅力的です。

sasadaira.jpg

IMG_2321.jpg

糸井川市街や日本海を見ながら目の前に見える頂上を目指します。
この頃から風が強くなり疲れに加えさらに体力を奪われます。

IMG_2331.jpg

IMG_2332.jpg

双耳峰の山頂北峰はあまりの強風で立っていることが出来ず早々に南峰に。

IMG_2359.jpg

少し雲が出てきたとはいえ360度の絶景が見られました!

IMG_2338.jpg

ホテルから見える白馬岳は雪は見えませんでしたが頂上から見る白馬岳は雪があるのがわかります。
ホテル上階のエレベーター前から雨飾山が見えるのでホテルも見えるはずなのですが・・・確認できませんでした。
頂上では見知らぬ人同士でも同じ達成感でなんとなく連帯感を感じるものです。
山の名前を教えてくれたり寒い中でも楽しい時間をすごしました。

後日わかったことですが同じタイミングで頂上に着き写真を撮ったり下りでも一緒になった方がいらしたのですがなんとハイランドホテルにお泊りいただいていて声をかけていただきました。
すごい偶然!嬉しい出来事でした。
1963mと標高はそこまで高くありませんがやはり北アルプスと戸隠連峰、日本海や市街地まで見えるこの景色はここならではのものいつかまた挑戦したいなと思いました。

雨飾山は私にとって体力のいる登山でした。
きっと玉ちゃん始めハイランドの山好きメンバーにとってはそこまで感じないかもしれませんが、急登が多いということは下りもなかなか大変です。
下山したときには足がガクガクで帰りに鎌池の紅葉の状況を見ようと思っていたのですがそのまま帰路についてしまいました。
何度もブログにも載っていますが、私にとっては初雨飾山・・・
次回はもっと体力つけて挑戦しようと思いました。

IMG_2295.jpg

紅葉はまだまだ楽しめそうでしたよ!

ちかっぺ

23:49 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]