ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年11月06日

晩秋の上高地を歩く Part.1


朝からお天気が良い日でした。
珍しく早起きした私。
外を見てみると真っ青な空が✨
これは出かけるしかない!と出発しました。
時刻は6時半。
その時、ホテルのライブカメラではこんな写真が撮られていました。

上高地@
雲海の奥にうっすら見えている白馬三山。

白馬から2時間ちょっと。
ついた場所は『沢渡駐車場』です。

上高地@

今、こんなに紅葉が綺麗なんだ、そんなことを思っていました。
沢渡に行くまでの道中、安曇三ダムの横を通っていくのですが、今真っ盛りといった感じ。


バスに揺られること30分。
景色を楽しんでいるといつの間にか上高地園内へ。
バスを降りてみるとビックリ、霜がおりていました。

上高地@

実はこの日、白馬でも0℃だったんです。
標高1500mに位置する上高地が冷えないハズがないですね。

楽しみにしていたんです、この景色。

上高地@

大正池から見た『穂高連峰』。
ツーンと肌が痛いくらい寒かったですが、この景色を見れたら贅沢は言えません。
本当に綺麗。

上高地@

そのまま左側を見ると今でも生きた火山『焼岳』。
私、北アルプスで初めて登ったのがこの焼岳なので、思い出の山なのです。
真っ青な空とカッコイイ山。
上高地から行く焼岳までのコースは、すでに梯子が撤去され通行止めとなっております。
もし焼岳に行く場合は中の湯コースからになります。


上高地@
田代湿原に進んでいく途中、写真では分かりづらいですが川霧のようになっていました。
この時期、こういった景色が見られるので、寒いけど好きな季節だったりします。

上高地@

霞沢岳の上から太陽が出てきました。
キラキラと輝く景色。

上高地@

今の時期は9時過ぎに上高地にいるとこんな陽のあたり始める、輝く景色を楽しめるのです♪
田代湿原からも穂高連峰が綺麗に見ることが出来ました。

上高地@
陽があたっている分、山が明るく感じます。

上高地@
田代湿原から上流に向かうにはコースが2つあります。
梓川コースと林間コース。
前回5月に来た時は通行止めだった林間コースを進みました。

上高地@

綺麗な木道になっている。
道も整備されており、大変歩きやすかったです。

上高地@
途中、足元に落ちているものに気づきました。

上高地@
オオシラビソの種。
この黒っぽい部分が種なんですって🍂
これが大きな木になるんですから、自然って本当にスゴイ。

自然観察をしながら歩くといつの間にか到着したのが『田代橋』。

上高地@

私、上高地ではこの橋からの景色が一番見慣れているというか、なじみがあるというか…
なんだか帰ってきたな〜と思える景色。

ここからは右岸コースを歩いて河童橋を目指します。

上高地@

ウェストンレリーフの前を通ると以前はなかった看板がありました。
このウェストンレリーフはウォルター・ウェストンの喜寿のお祝いで作ったとか…
初めて知った事実にビックリw

上高地@
梓川沿いを歩くと、見ごろは過ぎているものの、まだまだ綺麗なカラマツ林の黄葉と通称:ゴリラ岩が。
左上の岩、ゴリラさんの横顔に見えませんか?

綺麗な景色の中の散策って、本当にあっという間。
いつの間にか河童橋へ到着です。

上高地@

穂高連峰も。
上高地@

焼岳も。
上高地@

何度見ても飽きることのない、日本の代表的な山岳風景。
私の知っている言葉では言い表すのが難しいのですが、≪別天地≫という言葉がピッタリな場所だと思っています。

この日、明神まで歩いたのですが、写真の枚数がかなりあるため
続きは明日…
もう少しだけ上高地散策にお付き合いくださいませ。

つめこ
22:37 | Comment(1)
この記事へのコメント
そういえば、白馬にかぶれてから暫らく行ってないなぁ・・・
この景色を独り占めに出来る、早朝と3時過ぎの上高地が大好きで〜す \(^o^)/
カラマツの落葉チクチク攻撃を、独りゲラゲラ笑いながら歩いたのを思い出します♪
Posted by 彩盗爺 at 2018年11月07日 08:00
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]