ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2019年05月29日

白馬岩岳の標高より高い地点に行ってきました。Part1

スタッフのあらやんです。
この4月から夜のイベントで長野県の鉄道の紹介を始めました。
しかし、イベントをしていると鉄道の知識の不足を感じ、少しは鉄道旅していこうと思うようになりました。

その一回目はJR最高地点に行ってみよう。どこかおわかりですか?


それは、長野県南佐久郡南牧村の「野辺山」です。野辺山は標高1375mのJR最高地点があります。
実は、白馬の岩岳よりも高いのです。岩岳の頂上は1289m。
本当は白馬から電車で行くのが大道なのですが、時間の都合で松本から電車の旅スタートです。
長野県で走っている普通列車211系に乗って、一度山梨県の小淵沢駅を目指します。

のり鉄あらやん

茅野駅でしばらく停車中。松本からの特急あずさ号と合流した写真

のり鉄あらやん

車窓から富士見スノーパークが見えました。もう雪がとけています

のり鉄あらやん

イベントで紹介をしている「立場橋梁」(うまく撮れませんでした。)

のり鉄あらやん


中央東線の長野県最後の駅「信濃境駅」です。20年以上前ドラマの撮影の舞台になった駅です

のり鉄あらやん

ここからは山梨県へ 八ヶ岳が見えます。この手前にある線路「小海線」に乗換します

のり鉄あらやん

小淵沢駅に到着 

のり鉄あらやん

隣のホームの小海線にはキハ110系の気動車(ディーゼル車)が待機中。これに乗換していきます

のり鉄あらやん

オチがありまして、この車両の発車1時間後でした。この間どうしたらよいのか?
続きは、Part2で紹介します。

あらやん
20:00 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]