ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2019年07月19日

標高1200mの新スポット

皆さん、こんにちは。
突然ですが、「グランピング」という言葉をご存知でしょうか?
グランピングとは、「優雅な」といった意味の”glamorous”と”camping”を
合わせた造語で、贅沢にアウトドアを楽しむ新しいリゾートスタイルをいいます。
こんな、グランピングが体験できる施設が、北尾根高原にオープンするとの
ことで、オープン前見学会に行ってきました。

名前は、「snow peak FIELD SUITE HAKUBA」といいます。
ふもとからリフトにゆられること約10分で標高1,200mの別天地に到着です。

写真1.jpg

写真2.jpg

ここには、「北尾根高原テラス」といい、展望台からは東の百名山である
雨飾山や高妻山、戸隠連邦の他、白馬村内も一望できる人気スポットがあります。
遠く、白馬ハイランドホテルも見つけることができますよ!

写真3.jpg

写真4.jpg

この、「北尾根高原テラス」を起点として、「snow peak FIELD SUITE HAKUBA」が
広がっています。客室となるテントまでは、ちょっと距離がありますので、バギーカー
で移動することになります。

写真5.jpg

そして、テントの中には広々としたベッドがあり、ゆったりと眠れそうです。
このほかにも、テーブルも備えられています。とはいえ、外ですので
虫よけスプレーもバッチリ用意さてています。

写真6.jpg

写真7.jpg

写真8.jpg

写真9.jpg

夕食は、イタリアンの創作料理が提供され、それに合わせて長野県内のより
仕入れられたワインを味わうことができます。この日は、そのメニューの一部が
出されましたが、味も美味しく実際のコース料理で食べてみたくなりました。

写真10.jpg

写真11.jpg

その後は、たきびバーでドリンク類を味わったり、それぞれのテントで
星空を満喫したりと、ゆったりとした時間が流れていきます。

写真12.jpg

写真13.jpg

そして、朝は雲海が広がる中ご来光を独り占めできるというなんとも
贅沢な空間となっています。
営業期間は、11月4日(月)までとなっています。


もちろん、グランピングじゃなくても北尾根高原を楽しんでいたくことは可能です。

個人的にお薦めなのは、新たにオープンした「プライベートビューデッキ」です。
こちらは、有料ですが半日単位でデッキを使用することができ、のんびりと
ビールを飲みながら、雲の流れや風の音、もちろん素晴らしい景色を独り占めする
ことも可能です。

写真14.jpg

写真15.jpg

写真16.jpg
実はコンセントもあり、Wi-Fiも飛んでいますので絶景を見ながら仕事をすることも
可能です。(笑)

このように、様々な楽しみ方ができる北尾根高原、ハイランドホテルからも
送迎便がでていますので、是非ともこの絶景を満喫してみてはいかがでしょうか!


まささん
18:00 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]