ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2019年08月07日

えいちゃんが行く!!白馬岳登山


両手が手袋をしているの??というくらい日焼けをして出勤してきたのが、ダイニングスタッフえいちゃん。
少し時間が空いてしまったのですが、8月初旬
梅雨明けとともにお山へ行ってきたんだそうです。
白馬村のシンボル、白馬岳へ。
今日はその様子をご紹介したいと思います。


この日は少しだけ寝坊をしてしまいました。

5:20
白馬岳登山
猿倉の駐車場、夏の登山シーズンだというのに、満車になっていませんでした。
長く続いた梅雨の影響でしょうか?


5:30
白馬岳登山
登山の人もそこまで多くない?
お手洗いを済ませ、すこーし体をほぐして出発です!!


6:20
白馬岳登山
コースタイムより早めのペースで進んでいきます。
白馬尻へ到着。
この先の景色にワクワクしながら足を進めていきます。

白馬岳登山
この時期になると、白馬尻から雪渓はもう少し先。
白馬尻小屋から歩いて15〜20分程で雪渓へ到着するのです。
写真はないのですが、大雪渓ケルンのあたりから雪上歩行…というイメージを持っていただくと分かりやすいかもしれません。
一歩一歩しっかりと、進んでいきます。

7:23
白馬岳登山
雪渓の上の部分に出ているゴツゴツした山、ほぼ正面に見えている山が杓子岳です。
ホテルから見ると、頂上部分は平面っぽく見えますが、
実際はこんなにゴツゴツしている山なのです!!

「こっから先、大変だった…」
順調に進んでいたえいちゃんですが、ここからがしんどかったとか。
雪のたくさん残っている時期、雪渓の上を歩いていく分には、実はそこまで辛くないのです。
でも、今の時期雪渓の途中から雪どけが進むため『秋道』と言われる石がゴロゴロしているところを歩いて行かないといけないのです。

10:14
白馬岳登山
お花畑へ到着
今回はリストに載っていませんでしたが、、シロウマを冠する固有種が10種類以上自生しているスゴイところ。

白馬岳登山
こんな風に、写真付きで花の紹介をしてくれると分かりやすいですよね♪
白馬グリーンパトロール隊の方に感謝✨


白馬岳登山
緑がいっぱい、雪もまだあって、なんだか暑いけど涼しい景色を横目に進んでいきます。


11:15
白馬岳登山
日本最大の山小屋、白馬山荘。
もう目のまえ!!と思えますが、実はここ、ジミーに上り坂。

でも、白馬岳の頂上まであと少し。
気合で進んでいきます。



12:52
白馬岳登山
標高2932m、日本百名山の白馬岳へ到着。
やはり周りを見ても、あまり登っている人がいないなーという印象でした。

IMG20190801123241.jpg
白馬山荘から先は雲に覆われていたのですが、
一瞬だけ雲の切れ間から旭岳が見えていました。


頑張って登ってきた白馬岳。
ここでビール飲んでのんびり…なんて、したいところですが、
えいちゃんは明日もダイニングの勤務です。
ということで、日帰りで降りなくてはいけないのです。

名残惜しいところではありますが、膝シンドイなーと思いながら下山してきたんだとか。


8月に入り、日中は晴れていても夕方になると土砂降り…
夕立が多くなってきました☂

この日、えいちゃんは雨にあたることなく無事に帰宅できましたが
変わりやすい山の天気です。
花に、景色に。
そして美味しい空気をいーっぱい吸いながら
ゆとりのある計画で
北アルプスをお楽しみいただきたいと思います。

ちなみに、17時前には下山したんだとか。
えいちゃん、お疲れさまでした!!

写真:えいちゃん
文:つめこ
23:36 | Comment(0)
このカテゴリ【白馬周辺の山(唐松岳以外・白馬乗鞍から五竜まで)】からの最近4件
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]