ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2019年11月02日

遅ればせながら・・・。


ちょうど1年前に「安曇野スタイル」の紹介を投稿しましたが、
気づいたら1年も経過していました。。。

2018年11月9日 うれしい出会い!『安曇野スタイル』


お久しぶりです どんです。

1年ぶりといってもどこにも出掛けていなかったわけじゃなく、
この秋は友人や家族が白馬に訪れたこともあり、ちょこちょこと遠足に行っていました。

まずは9月25日に八方池へ。
例年であれば草紅葉も始まり、少しずつ色づく9月の下旬。
ですが、今年は1週間遅れでほとんど紅葉は始まっておらず、さらに私の中ではすでにお約束の「雲に覆われた白馬三山」と「全く映り込まない八方池」。

1.jpg

次に10月9日に栂池自然園へ。
3年前はゴンドラの下が紅葉のじゅうたんだった同日。
今年も!!と期待していたのですが、絶景の紅葉のピークまではいかず。

2.jpg


翌10月10日。快晴の岩岳。大迫力の白馬三山。
ただこの時期は岩岳の紅葉にはまだ早く、山頂がわずかに色づいた程度。
でも10月3日に認定されたから松沢設計の氷河は見ることができました。

3.jpg

4.jpg

今年は絶景の紅葉を見ることができないかなぁと諦めていたのですが、
休みが取れた10月末日、思い立って戸隠へ行ってきました。

戸隠に行ったら、まずは中社周辺の「無料」駐車場へ。
車を停めたら、中社すぐ横にあるお蕎麦屋さん「うずら家」さんに直行です。
うずら家さんといえば、
某グルメ口コミサイトで「蕎麦屋の日本百名店」に毎年選ばれる有名店。

5.jpg

お昼時のピークは2時間待ちもあるほどの人気店です。

うずら家さんに到着したら、
入口の名簿に名前を書き、待ち時間を確認し、その場を離れてお出掛けします。
この日の待ち時間約60分、車で「鏡池」を往復するには十分な時間です。

鏡池の紅葉はもう遅いかなと思っていたのですが、きれいに色づき、池への写り込みも!

6.jpg

紅葉の時期になるとお電話で多数お問い合わせをいただきます。
「白馬の紅葉はどう?そろそろ色づいたかなぁ?見頃かなぁ?」

温泉のお湯の「熱い」「ぬるい」の好みがあるように、
コーヒーの「濃い」「うすい」の好みがあるように、
(そういえば、最近のファミリーマートのコーヒーは「濃いめ」のボタンが追加されましたね。とってもうれしいサービスだと思いました!)
紅葉にも色付きの好みがあるように思います。

緑や黄色や赤が混じり合っているのが紅葉のピークと感じられる方もいらっしゃいますが、私はこのように深く色づいたタイミングが好きです。
この基準でお問い合わせに返答していいものかどうか。。。

とか考えながら、鏡池の紅葉を満喫し、うずら家さんに戻りました。
入口で名簿を見てみると、すでに私たちの順番は過ぎてしまったようです。
ただこのうずらや家さんが素晴らしいのは、お店の人に「戻ってきました」と伝えると、優先的に入れてくれるんです!
観光地でお待たせすると言うことで、「待っている間にお好きな観光地に行ってきてください」と考え、待つストレスを軽減する仕組みを取り入れている素晴らしいサービスです。
さらに戻ったら、スタッフの方が「お時間を作っていただいてありがとうございます」と言葉をかけてくれるんです。これにはちょっと感動しちゃいます。
そんなやり取りがあってからのそばの味は、さらに美味しく感じます。
こんな心遣いがあるからこそ人気があるのですね。理由がよくわかりました。

7.jpg

そんなわけで、キノコの天ぷらまで堪能。
せっかくなので往復1時間半かけて奥社まで参拝してまいりました。
八方も栂池もグリーンシーズンの営業を終了してしまいましたが、
まだまだ紅葉を楽しめる、信州の魅力をまたまた感じた戸隠遠足でした。


奥社への往復で足がプルプルなってしまい、
来たるスキーシーズンに向けて、脚力に大きな不安が残る
どん でした。

18:23 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]