ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2007年08月30日

山歩きのおもちゃ?

山歩きにはみなさん、どんな時計を持っていかれますか?

山へ持っていく時計の条件として外したくないのが防水機能ですよね?
他には何かあるでしょうか。
まぁ途中で電池切れなどにならず、ちゃんと動いてくれれば基本はOKですよね。

けれど最近山へ行くたびに思いますが、ここ数年で多機能ウォッチをしている方が急に増えているように思います。
CASIOのプロトレックやらバリゴも多く見かけますが、何よりsuunto(スント)の時計をしている方がすごい多い(実際調べてはいません、個人的にそんな気がしました)んじゃないかなぁと。

私も、山を歩く時にこのsuuntoの時計を使う時があります。

メーカーに言わせれば、時計というよりも、「リストップコンピューター」なんだそうですが・・・。
まぁ、多機能時計の一つです。

数々の種類が出ていますが、私のはこれ
suunto X9
X9というモデルです。

なんでこの時計にしたかというと、これ、なかなか楽しい。
遊べるんです。おもちゃのように。

高度計や温度、コンパス以外に、これにはGPSが内蔵されています。
携帯電話にもGPS入っていますが、山で圏外の場所では使えません。
X9なら、地図は出ませんが、GPSを使って、自分の歩いた速度や方向、距離、高度、位置などが表示されます。

自宅のPCでパソコンにデータを取り込んで、付属ソフトで地図に歩いたデータを読ませると、この通り
スントトレックマネージャー
これはまたそのうち記事にしようかなと思っている、8月23日に歩いた栂池⇔白馬岳の往復ルートの記録です。
上段に地図と歩いたルート、マークした場所が表示され
下段に歩いた距離と標高の変化、時間などを表示できます。

時々とんでもないところを歩いた事になっているときもあるのですが(笑)
また、走った記憶も無いのに、歩いた最高速度が40Km/hとか出る事もあって、なかなか笑えます。

毎回記録するわけではありませんが、予め地図を時計に読ませておくと、ポイントまでの距離や方向、予想到達時刻も出てきます。
まぁその事だけに頼って道に迷うなんてあってはいけませんから、当然地図は持っていきますけど。

時計も進化したものですね。


とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック