ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年07月04日

夏の栂池自然園で花三昧A

今回栂池自然園を歩いている中で、4種類の白い花が目につきました。
栂池に限らず見ることはできる花なのですが、これからしばしの期間、4種類ないし、ほどなくで3種類になっていきますが楽しめそうです。

今回は浮島湿原から先に多くあったのですが、ほどなく見ごろが過ぎそうなのがこのミツバオウレン。

栂池自然園A

ちなみにこの花も、続く3種類もすべて足元に咲く小さな花です。
目立つ花ではありませんが、栂池自然園を彩ります。
また、スタッフのんさんが好きな小さなこの花

栂池自然園A

ツマトリソウ
タイミングが良かったというよりは、今年はツマトリソウがとにかく目立ちました。
密集して咲くようなことが多くない花ですが、歩いていて「あっ、ここにも」の連発。
その割には沢山咲いているような写真が撮れませんでした。
また、この花も定番です。

栂池自然園A

マイヅルソウ
一つ一つがとても細かい花です。
まだしばらくは見られそう。

そして4種類目が美しい名前のこの花

栂池自然園A

ゴゼンタチバナ
ミツバオウレンが終わりに近づく中で、ゴゼンタチバナはこれから見ごろを迎えそうです。
いずれも足元に咲いている花。歩いていると自然と目に入ってきます。

浮島湿原から先、上り坂も多くなりますが、気持ちのいい日和でした。

栂池自然園A

多少の青空も見えてきて、気温も上がっています。
ちょっと暑いくらいの体感温度。
同じころ、白馬村は30度ほどに気温が上がっていたようです。

栂池自然園A

ワタスゲが夏を感じさせてくれたモウセン池を通り、目指すは展望湿原。
そのすぐ手前で出会ったのがこちら

栂池自然園A

すでに終わっているとばかり思っていて、その中で出てきたのえびっくり。
シラネアオイ
今回がギリギリでしょう。
この日歩いた中では、この展望湿原付近とヤセ尾根下の二か所のみ。
雨で花びら落ちちゃうかもしれません。

展望湿原へ。

栂池自然園A

山には雲が出ていましたが、わずかながらにみえているのが白馬大雪渓
みなさんお昼ご飯を召し上がっています。
お弁当食べるにはちょうど良いポイントです。

私もコンビニで買ってきたおにぎりを食べようとすると・・・。
世の中狭い!?
知り合いの方が何人かでお弁当を食べていまして、なんとなんと、お裾分けをいただいてしまいました。

栂池自然園A

ジャーン☆彡 うれしー!そして、おいしー!!
奥のはピーマンの肉詰め
ありがたいものです。

栂池自然園A

さらにこの後デザートまで分けていただいちゃいまして、そんな食事が終わるころに大雪渓は見えなくなってしまっていましたが、しっかりおなかも満たされました。


栂池自然園内でちらちらと目に入ってきたのですが、今年はオオシラビソの松ぼっくりができている木がちょいちょいあります

栂池自然園A

こっちの写真は入り口付近で見たものです。

栂池自然園A

何年かに一度たくさんの松ぼっくりができますが、今年がその年?なのかなんとも言えません。
でも小さくて濃い紫色をしているので、見つけると思わずこうして撮ってしまいます。

あと、見つけたものといえば・・・。
ちょっと遠慮がちのキヌガサソウ

栂池自然園A

わかりますか??
花がえらい小さいです。
右上の花のサイズが通常なんです。

いろいろな花との出会い、気色との出会いが楽しめる栂池自然園。
花も見ごろになってきました。
これから一番いいシーズンを迎えます。

栂池自然園A


夏のシーズンにもう一度位行きたいなと思っています。



とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439708102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック