ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年08月28日

夏休み最後の山へ!!【3/3 やっぱり山はいいね】

上高地から歩くこと22km
実際にそんなに長い距離を歩いたとは感じられませんでしたが、なんとかやってきた槍ヶ岳の肩、槍ヶ岳山荘

一瞬視界が開ける?
と思って、これが良く見えた瞬間の山荘前からの槍ヶ岳です。

槍ヶ岳にて

これでもしっかりと見えたほう。
ただ、数秒の後には再び真っ白なガスに消えていきました。

時折、こうして現れては消えというのを繰り返しています。
台風が接近している中でのこと、行くなら今なのか、それとも翌朝にかけるのか。
せめてものなぐさめ?は雨が降っていないこと。

気温は山荘の風除室にあるもので17度くらい?

槍ヶ岳山荘

外は風があるせいか、もっと寒く感じました。

寒かったのと、お昼がラップサンドで少しだけ物足りなかったので・・・(食べ過ぎでごめんなさい)山荘の喫茶コーナーでいただくカップラーメンのおやつ(400円お湯付)

槍ヶ岳山荘

山荘はこんな天気ということもあって混んではいませんでした。
この日のお部屋は・・・・

じゃじゃーん
こちら

槍ヶ岳にて

二段になっている下の段です。
布団が6枚敷いてあるのに対して、4名くらいで使うことができましたので、ぎゅうぎゅうではありませんでしたよ。
携帯電話の電波もしっかり入ります(docomo)


窓をたたく風の音が少しずつ大きくなっていっていました。

山荘内の様子です。
こちらが入口、受付と売店です。

槍ヶ岳山荘

右の奥の部屋が喫茶室。
日によってここで焼き立てパンを出すのですが、台風だったためかパンのパの字もありませんでした。

槍ヶ岳山荘


お手洗いもこんな風にしっかりしています。

談話室は暖がとられ、あったかかった。
ちょっと汗臭かったですがw

槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘

また、槍ヶ岳山荘では充電サービスもあるのです(30分まで無料)
もちろん充電器は持参しましょう。


15時30分を過ぎた時点で、槍ヶ岳の山頂アタックを明日にかけることにしました。
明日の朝、台風は日本海に抜けている予定
台風一過は期待できない天気予報でしたが、風が少しでも収まれば・・・・。


そうと決まると
カップラーメンをいただいた喫茶室に戻って、大人のおやつタイムです。

槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘の生ビールは一杯1000円
それでも注ぎたての生ビールを楽しめるんです。
おつまみは好きなものを持って登りましょう。
私は安曇野のわさびを使用した、わさび柿の種。

歩いた後ですから何してもおいしいものです。

ここまで歩いたんですもの、外に出られない分楽しまないとですね。

ただ、万が一急に晴れた際に二杯目を飲んでいると、登るのが怖いので、一杯でやめておきましたが、そんな心配はご無用だったようです。
何度か外に出て、晴れ渡る瞬間を期待していましたが、これが限界

槍ヶ岳にて

目の前にあるはずですが、出てきません。


夕食は17時からです。
私、10年ほど前に病気になり、その時に右肺の横隔膜が動かなくなりました。(手術で神経を切られました・・・。)
そのため肺活量が一気に下がり、ちょっとしたことでも息が切れるようになったんです。
(プラス太ったというのも実は理由の一つだったりしています)
私の肺年齢は70歳。
それもあって、高い場所に来ることで高山病にもかかりやすい身体になりました。
健康な方でも高山だと脱水症状になりやすいですし、それが高山病を助長することにもなるので、山小屋の食事の際には多めの水分補給を心がけています。
アルコールをいただくこともありますが、それ以上にいただくのが「お茶」
意識して多めに飲むようにしています。

この日のメニューはハンバーグ

槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘ではご飯とおつゆは自分でよそいます。
嬉しかったのがフリカケのサービスがあること。
おやつを食べたにもかかわらず、ごはんをおかわりしました。

お茶は数えませんでしたが、10杯くらい飲んだのではないでしょうか??


この日は槍ヶ岳山荘でイベントがありました。
山の歌コンサートです。

リピート山中さんがたっぷりと歌を披露してくれました。

槍ヶ岳山荘

ヨーデル食べ放題
サッポロ黒ラベルのうた
加藤文太郎の歌
白い花が好き
播隆の風
夏山賛歌
他他

いやぁ、山小屋コンサートいくつか参加させていただいたことがありますが、素晴らしかった。
歌はもちろん、トークも素敵でした。


加藤文太郎あなたの名前をあなたが愛した山で歌う
加藤文太郎あなたの話を山で出会った仲間と語る

田部井淳子さんもこの歌を好きで、山で歌っていたと聞きました。
私を含め、この空間にいる人みんな、ここに来たくて来ています。
たまたま一緒になった方と山の話をし、花の話をし、一緒に歌い

あっという間の70分でした

こんな感じのライブでした(イメージ)
https://www.youtube.com/watch?v=7b1WEiE2TzM


ライブ終了後、布団に戻ってトイレを済ませ、気づけば寝ていました。
夜中、時間はわかりませんが、台風の風が相当強かったようで、山荘が揺れるほどの風を何度も受けていました。
そのたびに一瞬覚醒しましたが、じっと朝まで布団からは出ず。

目が覚めたのは朝食の準備ができたという放送がかかった朝5時のこと。
少しゆっくりして5:30頃に朝食をいただいて・・・・
お茶は多めに飲んで


外に出てみました

槍ヶ岳にて

雨は降ったりやんだり
前日よりも強い風が吹き荒れています。
風速30m以上という烈風


チェックアウトの8:00まで粘ってみることにします。

槍ヶ岳山荘

ホットコーヒーをいただきながら、出発していくみなさんをお見送り
そして私も準備をして出発します。

槍ヶ岳にて

槍ヶ岳にて

気温は12度くらい
風に雨が混じります。

昨晩からの風は穏やかになるそぶりも見せず、天気図を見ると台風の強風域の巨大すぎる円が長野県の南部までを覆っていました。

仕方ありません。


槍ヶ岳登山口にある看板にタッチして下山を開始しました。

槍ヶ岳にて

8:10

登りでは100m進むのに5分以上かかりましたが、さすがに下りではいつも通りのペースです。

8:30 殺生分岐

槍ヶ岳にて

なんと風の影響でしょうか?標識が倒れていました。
ちなみにこの分岐から登った時には50分かかった山荘までの道、下りは20分です。


稜線ほどではありませんでしたが、風は強いままです。

槍ヶ岳にて

雨が風に乗って合羽にあたります。
顔に雨が当たると痛いほど


グリーンバンドから槍沢の下りへ
9:00を過ぎるころから、登山者とすれ違うことが多くなります。
前日に槍沢ロッジに泊まっていた方たちでしょうか??
しんどい登りを合羽を着て登ってきます。

海外のお客様のパーティーもありました。

そして、この場所

槍ヶ岳にて

登山の際に、もう我慢できないとお昼にした場所ですw
この写真の左側の黒い石に腰を掛けてお昼を食べました。
風が強く、葉が風にあおられ、裏返っていますね。
9:39 通過 


ババ平へは10:19到着

槍ヶ岳にて

この付近が一番強い雨でした。
レインウエアのポケットの中まで浸水(ポケットのチャックを少し開けていたみたいです)

そのまま下って槍沢ロッジ
11:00

槍ヶ岳にて

槍沢ロッジの先で風は穏やかになりました。
ただ、風のどうどうと吹いている音は上部から聞こえてきています。

槍ヶ岳にて

槍見河原をすぎ、上高地の横尾が近くなったころ、写真に撮れませんでしたが、オコジョがいたんです!!
穴に入ってしまい、もしかしたら出てくるかなと思って10分くらい待っていたのですが、写真には入ってくれませんでした。

オコジョは現れませんでしたが、その近くで別なものに出会えました。
実です。私この実の色が好きなんです。

sDSC05109.jpg

ツバメオモトの燕色の実がつややかに風に揺れていました。

12:22 横尾着

トイレを済ませたり、持っていたパンをかじったり
ここで雨具を脱いでザックへしまい、半袖短パンになりました。
雨はほとんど止んでいます。

ザックカバーはそのままにして、折りたたみ傘に変えました。
標高も低くなってきていて暑く感じ始めていたこと、この先の道がほぼ平坦なので傘でも問題なく、そしてしっかり寝ていたので歩きながら眠くなることはないだろうという判断で着替えます。

山登りの二日間

12:42 横尾出発

歩き出した先でヒカリゴケを発見。

山登りの二日間

写真でわかりにくいかもしれません!?

雨に誘われて、道端に出てきていたヒキガエルくんにも遭遇

sDSC05126.jpg

曇りが主体で時折そこに雨が混じり、時折日差しが降り注ぎ、忙しい天気

山登りの二日間

13:20 新村橋

13:30 徳沢着

山登りの二日間

徳沢園の前ではシウリザクラの紅葉が楽しめました。
ウワミズザクラと区別がつきづらいですが、落ちているはっぱを見るとわかります。

山登りの二日間

これ、シウリザクラの葉っぱです。
葉の付け根の部分がハート型ですよね?

寒さに敏感だったのでしょう。

そのまま徳沢は通過していきます。

13:52 古池

14:11 明神
その明神につくすぐ手前、白沢出会の徳本峠との分岐のところにある沢で、サルたちに背中で迎えてもらいました。

山登りの二日間

14:45 上高地ビジターセンターへ

山登りの二日間

しばらく館内を楽しんで、河童橋へ
穂高は雲に隠れていました。

山登りの二日間

無事に戻ってくることができました。
改めて、良く歩きました。

往復44km

槍の頂には届きませんでしたが、後悔はありません。
あの高みから景色を楽しむこともできませんでしたが、きっと次回はその景色が待っています。

15:55 上高地バスターミナル発のバスで沢渡の駐車場に戻りました。

二日間の疲れと汗は穂高のしゃくなげの湯へ
少し前に新しくできた温泉施設です。

しゃくなげの湯

山登りの二日間

夕暮れ時ということもあって混んでいましたが、アルカリ性のぬるぬるしたお湯でさっぱり

そして、しらなかったのですが、八面大王の足湯がこの場所に移転していました。
昔はロータリーのようなところにポツンとあったのですが、すっかりステキな足湯になっちゃって・・・。

山登りの二日間

どうやら今年の4月に移転新規オープンしたようですね。


最後の締めは、少し戻って安曇野でラーメンを
翌日仕事でしたが、まだ早い時間帯でしたし、ダメとはわかっていましたが、ニンニクを入れてラーメンをいただいちゃいました。
大好きな「きまぐれ八兵衛」ですw

安曇野きまはちラーメン


十年以上ぶりに登った槍ヶ岳
なんとなく覚えているものですね。
やっぱり山って楽しい。
一人で登りましたが、それでも楽しめました。

白馬も目の前に山があります。
そこらじゅうが山だらけです。
山って楽しい、自然って素晴らしい
どの山にも言えることです。
登るのはしんどい部分もありますが、それ以上の発見や楽しさを感じられます。


山っていいね

今、夏の山から少しずつ秋の山へと移ってきています。
まだシーズンです。
日帰り、泊まり問わず、みなさまの山をお楽しみください。



三日間足がロボットのようでしたw
とみしん



【二日間のコースタイムまとめ】

6:10 上高地バスターミナル
6:20 河童橋から登山開始
7:00 明神館
7:35-7:40 徳沢
7:50 新村橋
8:29-9:00 横尾
9:30 槍見河原
9:37 一の俣
9:43 二の俣
10:06 槍沢ロッジ
10:37 ババ平キャンプ場
11:04 大曲
11:18 曲沢通過
11:35-50 槍沢でお昼
11:55 中の沢
12:01 大岩
12:09 天狗原分岐
12:17 滝見岩
12:39 水沢
12:52 横沢
12:59 グリーンバンド突入
13:05 ヒュッテ大槍分岐
13:11 播隆窟
13:33 殺生ヒュッテ分岐
13:55 残り500m
14:13 残り200m
14:22 東鎌尾根分岐
14:30 槍ヶ岳山荘着

17:00から夕食
18:30から山小屋コンサート
20:00ころ?就寝

5:00起床と朝食開始
5:30朝食
8:00 チェックアウト
8:10 山荘出発
8:30 殺生分岐
8:33 殺生ヒュッテ
9:00 グリーンバンド終了
9:54 明沢
10:19-27 ババ平
10:50-11:00 槍沢ロッジ
11:40 槍見河原
12:22-12:42 横尾
13:20 新村橋
13:30 徳沢
13:52 古池
14:11 明神
14:46-15:18 上高地ビジターセンター
15:24 河童橋
15:55 上高地バスターミナルよりバス乗車

21:34 | Comment(2)
この記事へのコメント
とみしんさん、先日のハイランドホテル訪問時はありがとうございました❗

息子と二人でしたが、変わらぬハイランドホテルスタッフみなさんのおもてなしの心遣いを肌で感じられ、良い夏休みとなりました😁

槍ヶ岳残念でしたね。
でもブログをみてますと自分も一緒に進んでいる気分になりましたよ✨

八方尾根等へのトレッキングだけで本格的な登山の経験はないのですが、ブログをみていると本当に登山してみたいです❗

唐松岳あたりが初級でいいのでしょうか?

つめこさ〜ん
息子の健介、おじゃましたときに声かけてもらい喜んでましたよ✨
来年は中学生になってしまうので、一緒にくるのは何年か先になってしまうかもしれませんが、子供たちにとってもハイランドホテルは居心地の良い場所のようです😁

これからもよろしくお願いいたします❗


Posted by ケンケン at 2018年08月29日 23:16
こんばんは!!
こちらこそ、先日は、いえ、失礼しました。先日「も」ありがとうございました。
そうですね、唐松岳はおススメですよ。
アルペン気分もしっかり味わえますし、登った感もあります。
乗鞍岳に立山の雄山に。比較的登りやすい山からいかがでしょう。大変な気持ちにもなると思いますが、きっと山を好きになっていただける・・・。と思いますよ。

登った折には感想をお寄せくださいね!
Posted by とみしん at 2018年09月02日 23:28
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]