ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年08月06日

白馬岳へ登ろう2018【後編】

早起きして登った白馬岳
お天気は最高!
ペースは決して早くはありませんが、一歩ずつ、景色を、花を楽しみながら、そして体的には苦しい気持ちも感じながら、それでも登ってしまいます。


昨日の前編は長文になってしまいました。
写真も普段よりも多く入れています。
ただ、実際にはもっともっと、たくさん写真がありますので、どの写真を使おうかという所から迷ってしまうほど。
実際に白馬に登った方なら、写真の整理がつかない・・・そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
登っている最中もその時その時で、全ての写真は撮る側が何かを感じて撮っているんでしょうから、どの写真も一軍なんですよね、きっと。

昨日もだらだらと書いてしまっていますが、今日はいよいよ山頂へと登ります。

白馬村営の白馬岳頂上宿舎
ここで標高はすでに2730mです。
宿舎内で用事があったので、それを先に済ませようとしましたが、タイミング悪くそれがかなわず、ここでじっとしていても仕方ありませんから、先に進むことにしました。

白馬岳頂上宿舎を後にします。
10:27
白馬岳へ

白馬山荘も見えてきています。
雪渓が残っていますが、この末端が水場になっています。
今年は山小屋での水不足が深刻。
こうして雪が残る山は別ですが、唐松岳なんかはきっと大変なんだろうなぁと。


改めて頂上宿舎を出発して山頂を目指します。

白馬岳へ

うっすらと白くなった空ですが、まだまだ視界も良好です。
杓子岳と白馬鑓ヶ岳がしっかり見えるようになりました。
続きを読む


23:48 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。