ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2010年10月04日

エジプト

エジプト。
ピラミッド。

日本にも巨大な人口建造物というものは幾つかあります。
まさに今、建築中の『東京スカイツリー』なんてまさにそれでしょう。
なんと、634mの高さだとか。武蔵野のムサシ(6・3・4)に掛けているんだとか。。
埼玉からだと東京も近いので都内に出かけた時に見るといかに大きいか実感しますねぇ。。

西暦2千年も過ぎたこの時代でもその巨大さに圧倒されるエジプトのピラミッド。
いったい、昔の人々はどんな思いでこのピラミッドを造り上げたのでしょうか?
スフィンクスとピラミッド.JPG


赤のピラミッド.JPG

まったくいくら考えても不思議でなりません。
ヒトのチカラって本当にすごいですね。

カルナック神殿                 ルクソール
カルナック神殿.JPG

カルナック神殿 (2).JPG

どの古代文明も同じように神様への信仰心をカタチとして具現化または象徴化する。
どんなモノにもひとつひとつ意味があってとても面白い。

王家の谷               ハトシェプスト女王葬祭殿
ハトシェプスト女王葬祭殿.JPG

あのツタンカーメン王墓でも有名な王家の谷にある葬祭殿。
エジプトの数ある古代神殿建築の中でも最高傑作の一つに挙げられている。
3000年以上も前にこれらを建築した人たちに感服。。
そしてここはエジプトでも最も有名な観光地でもあると同時に悲しい事件現場でもある。
14年前ここで無差別テロがあったところだ。
ヒトがヒトを意味も無く殺していいわけがない。たとえそれがどんな理由であれ。

オベリスク
オベリスク.JPG

ルクソール神殿                  ルクソール(テーベ)
ルクソール神殿.JPG

カルナック神殿とはスフィンクス参道で結ばれていたといわれている。
神殿入口にはラムセス2世の座像と1本のオベリスクがある。
もともと、オベリスクは2本あったのだが右側にあったもう1本のオベリスクは現在パリのコンコルド広場に建っている。

当時古代エジプトの首都であったルクソール(テーベ)の繁栄ぶりが伺える。
その頃は今よりももっと壮大な建物だったんだろうな。

エジプトの数々の建築物を含め、世界の古代遺跡を幾つか見てきたけれども、どれも本当にすごいなってつくずく思う。

          。。ひろゆき。。


このカテゴリ【HIROの気まぐれフォト〜いろんなトコのいい景色】からの最近4件
この記事へのコメント
子供たちが私の手から離れた時絶対に地球を一周するんだと一人心に決め5年前に実現させました。(あんな豪華客船では決してありません。)
エジプトのピラミッド、ケニアの大平原、真っ赤に染まるサハラ砂漠、マチュピチュ遺跡、物語らぬイースター島のモアイ像・・・。これらの建造物、大自然に触れた時先人たちの魂が入り込んだ様な気がして涙があふれ出てどうしようもありませんでした。以来いろんな国を旅(貧乏一人旅ですが)していますが今はお金が底を付き・・・(苦笑)旅って本当にいいですね!? また頑張ってお金貯めて旅をするぞ〜〜!                          たま
Posted by tamachan at 2010年10月04日 13:39
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。