ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年09月27日

紅葉を探して小遠見山へ【1】

秋が深まりつつあり、紅葉が進みだしているというのは白馬にいても街にいると正直なところあまり感じません。
でも各所から色づいているよ!なんて話を聞くとじっとしていていいの?思わず自分に問いかけてしまいます。

ただ、時間があるときなんて考えていると結局行けなかったりするので、もう決め打ち!ということで、今日の出社前に久しぶりに歩いてきました。

秋の五竜高山植物園

朝一番は見えていたという北アルプスもゴンドラ運行開始頃にはこんな様子。
雲が出るのは仕方ありません。この数日の雨を思うと降っていないだけでも充分です。

ゴンドラで登っていくとそれは素晴らしい紅葉が・・・・

秋の五竜高山植物園

待っていませんね。。
さすがにゴンドラの車窓からの紅葉といえばまだ先のこと。
ゴンドラを降りた先は雲の中を覚悟していましたが、山頂のゴンドラ駅舎から外を見ると!!

秋の五竜高山植物園

なんとなんと、雲が切れてきました。
見えたり隠れたり、どちらかというとガスの中に隠れていましたが、稜線を見ることができました。なんとラッキーな私。
ありがとうございます。

植物園内を歩いて地蔵の頭を目指します。

秋の五竜高山植物園

今回植物園を直登して、最短ルートを進もうと試みましたが思ったよりも急で最初から予定変更です。

秋を探しながら歩いたので、途中で出会ったナナカマド
ちょうど背後に青空が見えてきていたので一緒に一枚。

秋の五竜高山植物園

見ごろはもう少し先になりそうですが、秋が来ているんだなぁと感じさせてくれます。

ゴンドラを降りて歩きだしてから約20分
リフトに乗っていたらもっと早く到着したであろうリフト降り場へ。
歩いたからそのご褒美か、白馬三山も顔を出してくれました。

秋の五竜高山植物園

これを見てシャッターを押さないなんて選択は私にはできません。
雲の帯もいい具合。今年は沢筋の残雪も少ないので岩肌が雄々しく感じます。
先があるので進みましょう。

地蔵ケルンに来て再び感激
五竜岳も見えてきました。

秋の五竜高山植物園

ありがとうございます!!
いい天気に感謝。とにかく今日は空が青い。

地蔵ケルンは眺めのいいポイント。特に紅葉しているとそれは美しい山肌を楽しめるのですが、今日の様子はこんな具合
西側に続く遠見尾根を眺めてみます。

紅葉の小遠見山へ

しっかりまだ緑色。
今年は紅葉遅いの?と思われるかもしれません。
確かに昨年、一昨年と9月の末にはすでに山の上では紅葉の見ごろになっていました。
毎年具体的なデータがあるわけではありませんが、10月初旬という認識が私の中にあるので、そうした意味では例年並みくらいなのかなぁという印象を持ちました。

小遠見山を目指して階段ゾーンを進みます。

紅葉の小遠見山へ

ブナの林を通ります。色づきは始まっていますが、もう少し。
でも青空をバックに黄色もきれいですが、緑色もきれいなものです。
上り坂だと視線が足元に行ってしまいますが、時々止まって上も見ながら進みたいですね。

紅葉の小遠見山へ

さて、見返り坂まであがってくると、ちょっと紅葉していますよ。
黄色はミネカエデやらマルバマンサクやら。
ナナカマドも赤みを足してくれています。

思えば久しぶりに登ってきました。
少し広くなる場所はちょうどいま工事中で、デッキが作られるようです。
工事中でした。

ここから小遠見山まで、いい季節を迎えています。
紅葉のピークは来週あたり??
これからの天気、特に気温が左右すると思いますが、秋の色どりを楽しめる、いえ、秋にお勧めしたいトレッキングコースです。


ということで、まだ登りだして間もない?ですが、すみません。
続きは明日に・・・・。



とみしん


このカテゴリ【白馬周辺の山(唐松岳以外・白馬乗鞍から五竜まで)】からの最近4件
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。