ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年10月10日

お客様とスタッフと行く小遠見山トレッキング(1)

今年の白馬連峰の開山祭がきっかけだったんだと思います。
5月終わりにお客様とスタッフと一緒に歩いた白馬大雪渓までのトレッキング。
これがきっかけとなって、秋にもどこか企画をしよう。

ということで、ホテルとしては初めての試みで秋の小遠見山へのトレッキングが企画されました。初めてのことでしたので、募集はホテルの会員のみなさまとさせていただきました。
お申し込みは16名様
9月末、ホテルスタッフ2名(うち一名は不肖私がご案内させていただきました)と登ってきたときの写真を少しご紹介します。

9月29日の朝、天気予報通りだったのですが、小雨がぱらつくお天気。
何人かキャンセルされる方もいらっしゃるかと思いましたが、全員そろって16名様出発です!!

紅葉の小遠見山トレッキング

ゴンドラで植物園を目指しましょう。

今回は五竜高山植物園の方にもご協力いただきました。
ゴンドラを降りた植物園。天気:雨

紅葉の小遠見山トレッキング

仕方ありません。準備体操をして、雨具を装着して・・・・。

よし、楽しく歩きましょう。元気で雲を吹き飛ばしましょう。
を合言葉に出発です。

恒例の?エイエイオー!!!

紅葉の小遠見山トレッキング

リフトは使わずに植物園内をゆっくりと登りました。

紅葉の小遠見山トレッキング

そこまで寒いこともなく、みなさん「雨がやまないかなぁ」という気持ちだったと思います。
まさにガスの中で雨の降りも弱くなったり、降って来たりを繰り返していました。

紅葉の小遠見山トレッキング

まだまだ歩き出しです。
リフト降り場までゆっくりと登ります。

なんということでしょう!!

紅葉の小遠見山トレッキング

まさか咲いているなんて思わなかったコマクサがまだ花をつけていました。
これにはみなさんと大喜び!?
季節外れの思わぬ出会いに声を出しながら、息は切れていますが登ります。

紅葉の小遠見山トレッキング

地蔵ケルン手前から少しずつ急な個所が出てきます。
歩きなれている方、得意ではない方、様々なみなさまと歩きます。
ペースはゆっくり。コースタイムよりも気持ち遅いくらいのペースです。

紅葉の小遠見山トレッキング

ご覧ください!周囲には何も見えませんが、地蔵ケルンに到着。
ここまででもそれなりに登っているんです。
景色が見えないのは仕方ありません。
お昼ごはんも下ってきてから?
そんなことを思いながら足を進めました。


地蔵ケルンから登ります。
休憩は多めでした。

見返り坂にて。

紅葉の小遠見山トレッキング

だんだんと登りも急になります。
しんどいですが、進むにしたがって葉が色づきだしていて、紅葉という景色へと変わっていきます。雨もやむ時間が出てきて、それでもガスに巻かれながらのトレッキング。

紅葉の小遠見山トレッキング

ナナカマドやカエデ、マルバマンサクの色づきが美しい。

そして、一ノ背髪を過ぎたころから少し明るくなってきます。
雲よ去れー!太陽頑張れー

s8一ノ背〜二ノ背 (4).jpg


紅葉を楽しみながら空のことも気にして。
紅葉が進んでいるのが足を進めるにしたがってわかります。
これが何よりも力をくれました。少し遅れそうになっても紅葉を楽しんでいる間にまとまってくれます。

そして・・・・

s8一ノ背〜二ノ背 (10).jpg

なんと、青空

うれしいじゃないですか。
まさかそんな天気になるなんて誰もが思っていなかったと思います。
このまま青空でいてほしい。

視界は決して良くありませんでしたが、色づきはすぐ近くで楽しめます。

s9二ノ背〜小遠見山 (6).jpg

果たしてこれから天気がどうなっていくのか。

また雨になるのか、それともこのまま止んでいるのか??
すみません。一気に書こうと思いましたが、明日へと続けさせていただきます。



とみしん


このカテゴリ【白馬周辺の山(唐松岳以外・白馬乗鞍から五竜まで)】からの最近4件
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。