ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年10月22日

【中止】秋の大雪渓見に行こう企画

今日は白馬村も朝から雨がやみません。
9月の連休もそうでしたが、今日明日で台風の通過だそうで、風は吹いていませんが、雨はしとしとと降り続いています。

本当は、今日。お客様と一緒に白馬大雪渓あたりの紅葉を楽しみに歩いてくる予定でした。ただ、この天気が予想されたので中止とさせていただきました。


先日、今回ご一緒させていただく予定だった、スタッフつめこさんと現場の下見に行ってきていまして、せっかくです、下見の日も天気は悪かったのですが、少し写真を撮ってきていますので、白馬大雪渓の様子をお届けします。


しとしとと雨の降る日、そう寒くもなかったこともあって、私(とみしん)寝坊・・・・
すみません、お昼頃から出かけることになってしまいました。

白馬村から猿倉へと車で登っていくと、木々の色づきがわかりますが、あいにくのガスも出てきていて、視界がとれません。
紅葉はしているように感じましたが、晴れているときと印象はがらりと変わるのだと思います。

秋の白馬大雪渓

歩き出しの猿倉荘はご覧のように冬支度が完了しています。
この日もまだ作業をしている最中でした。
これから来年の5月まで、ひと冬の眠りにつきます。

この辺りはもう少し色づきがいいかなと思っていたのですが、今年どうなんでしょう??色が変わりきる前に落葉している葉って毎年ありますが、今年はそれが多いように感じます。

秋の白馬大雪渓

鑓温泉分岐を過ぎて、例年10月20日ころって、このあたりの紅葉が一番いいというイメージがあります。ただ、見えない・・・・。
過去の写真ですが、2012年10月22日、この分岐の先の白馬岳が見えるポイントの紅葉の様子がこちら

紅葉の白馬大雪渓への登山道

これを見に行きたかったんです!!
しかし、下見とはいえ、雨とガスが視界を邪魔します。
それでも歩きながら時折ガスが薄くなって見えてくる葉や木々を見てみると、ん??
まだ少し早いのか??(歩いたのは10月19日でした)
もっともっと、真っ黄っ黄になるイメージがありましたが、そうでもないようです。

秋の白馬大雪渓

ただ、霜はおりているようで、凍って傷んだ葉っぱも目に入ってきました。
実際にはもう少しきれいだったのですが、カメラ越しに見ると難しいですね。

秋の白馬大雪渓

栂池側の斜面でひときわ紅葉がきれいに思ってシャッターを押してみたのですが、あらら、こんな感じでしたっけ??もっと赤く感じました。


御殿場

秋の白馬大雪渓

登っている人はほかには見当たりません。
チリンチリンと鈴を鳴らしながら登ります。

御殿場から登山道は細くなります。
紅葉がきれいかと言われると、そんな感じでもありません。

秋の白馬大雪渓

カツラ??
所々にこうしたジュウタンが現れます。
また、登っていることもあって、寒いという感じはありませんでした。
・・・・このまま白馬大雪渓のとりつきである、白馬尻までもう少しかなと思っていたのですが、御殿場から登りだしてほどなくで、こんな場所がありました。

秋の白馬大雪渓

写真ではわかりづらいかもしれませんが、ここ、普段は橋が架かっているんです。
(写真の奥においてある木の柱が橋です)
冬を目の前にして、登山者の数も少なくなったこともあり橋が外されていました・・・。

渡れなくはありませんでしたが、今後秋の大雪渓を考えるにあたっては、山案内人組合??または白馬館に確認をしてからの方がよさそうですね。
でも、まだ紅葉も良い頃なのに、ここは登山道だから紅葉見学で行く場所ではない・・・とは、とらえたくはありません。


その先は気になるところもないまま登っていくと白馬尻
小屋はすでに解体されていて、どなたもいらっしゃいませんでしたが、岩だけがこうして迎えてくれました。

秋の白馬大雪渓

白馬岳見えたらきれいだろうなぁ・・・・と想像

秋の白馬大雪渓

大雪渓の末端も、モヤでよく見えません。
紅葉の白馬大雪渓のトレッキングでは、ここからもう少し進んだ、雪が近くにあるところまで登ろうと思っていましたので、もうちょい
もうちょい進みます。

秋の白馬大雪渓

ナナカマドきれいでした。
と、写真を撮っていて気づきました。
モヤの奥の白馬の山がうっすら見えてくると、山肌が白くなっているではありませんか。

秋の白馬大雪渓

ほう、雪が降ったようですね。
後から聞いたら、この日の朝は雪が降った時間があったようですね。
もっとも、午後でしたので、雨に変わっていましたが。
紅葉と新雪が楽しめる景色があるんですが、天気が・・・


白馬尻から15分ほど進むと、再び景色が開けます。

秋の白馬大雪渓

初夏はここから雪に出る場所、白馬大雪渓のとりつき、大雪渓ケルンのある場所まで登ってきました。
大雪渓が少し見えています。

秋の白馬大雪渓

あらら、大雪渓の上には新しい雪が積もっていて、白がキレイ!!
なるほど、こんな得があるわけですね。

何とも言えない大きな景色が広がっています。

秋の白馬大雪渓

登山道になるのかもしれませんが、景色を見ながら少し雪まで近づいてみました。

どうどうと流れる川に、まだ残っている大きな雪なのか、氷なのか、塊があります。

秋の白馬大雪渓

緑から茶色くなった岩肌の上には雪が積もっています。

一緒に歩いたスタッフつめこさんは、開山祭ではここに来たことがあるけれど、それ以外では初めて来たと言っていまして、大変意外でした。
どうですかと聞くと、この景色の大きさに驚いていたようです。
雪渓から流れ出る水の量があんなに多いと思わなかったという感想のようです。
・・・・なるほど、感想は参考になりましたでしょうか??


雪の近くでお弁当を食べて、当日は温かい何か持っていこうかという計画もありましたが、今回のこの雨予報もあり、橋が無かったこともちょっとだけあり、紅葉の様子があまり確認できなかったのが残念でしたが、楽しく歩ける天気でもなさそうということで中止とさせていただきましたが、雰囲気的には、天気次第では紅葉はまだ楽しめるような気がします。

これで月曜日に台風が通過すると、気圧配置が冬型に近づき、山では雪が考えられます。もしかしたら遅いのかもしれませんが、24、25日あたりに猿倉から少し登った景色の開けるポイントでは、雪と紅葉が見られるようなことになるのかどうか??

最近は白馬というと、栂池自然園と八方尾根が二つの柱になっているように思いますが、私はこの白馬大雪渓は昔から好きなんです。
ルートで出会える花の数や、広がる景色は八方にはかないません。
でも、一時間少々歩いて、これだけの規模の景色に出会うことができるのは、この大雪渓ならではかなと感じています。

山の季節は終わりを告げますが、来年はホテル企画で新緑か紅葉か、どちらか行けたらいいな、なんて思っています。その時はぜひ、みんなでこの景色を見に行きましょう!


とみしん


21:34 | Comment(3)
このカテゴリ【白馬周辺の山(唐松岳以外・白馬乗鞍から五竜まで)】からの最近4件
この記事へのコメント
大雪渓の三段黄葉楽しみにしていたのですが残念でした (T_T)
明日は白馬三山のモルゲンロートが見られそうなので
早起きして下さいネ、くれぐれも寝坊などしない様に !
来年の企画、首を長〜〜くして待ってま〜す。
Posted by nonot-bell at 2017年10月23日 08:59
いやぁ〜大雪渓ツアー中止残念でした😢
なんだか今年は天候に勝てません😓
とはいえ次回チャンスがあれば、こりずに参加希望します😁
Posted by ケンケン at 2017年10月23日 22:25
今年は本当に天気に泣かされている以上に、週末ごとに台風が来てくれたり・・・・この週末は延べでキャンセルが300名にもなりました。
仕方ありませんが、夏から天気が恨めしいです・・・。でも本当に天気次第で印象も変わりますし、つめこさんも企画に燃えていましたので、これからもよろしくお願いします!!
Posted by とみしん at 2017年10月25日 22:25
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。