ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年07月17日

スタッフ一番乗りの白馬岳登頂

つい先日、13日ですね、仕事のお休みを利用して登ってきちゃいましたというスタッフがいます。あ、すみません、書いている私ではないのですが、ホテルのレストランのホールを担当しているスタッフ「えいちゃん」が日帰りでちょいっと登ってきました。

ただ、聞くところによると、寝坊で始まったこの日の朝
前日もレストランで夕食バイキングを担当していましたので、仕方がないと言えばその通りなんですが、支度を急ぎ、車で向かった猿倉です。

白馬岳登山

登山口の猿倉に到着したのが5:45
軽くウォームアップをし、登山届を出して、いよいよ登山開始です。

白馬岳登山

白馬大雪渓の入口、白馬尻小屋
時計は6:45頃でした。

雲が厚くって山頂は見えませんでしたが、雪渓の雪の量はまだまだたっぷりあったそうです
白馬岳登山

この一枚は白馬尻小屋から、これから進む白馬大雪渓を見上げました
外気との温度差で雲が沸き上がっています。

山肌は見えたり見えなかったり
白馬尻小屋から少し登り、途中から雪渓に出ます。
ほのかにまかれた紅ガラに沿って登りましょう。

白馬岳登山


ガスが出たり消えたり、斜度も変わる雪渓をタッタタッタと登っていきます

8:21
大雪渓を登り切りました。

白馬岳登山

雲の上にいるようです


さらに一時間後
9:20
お花畑
白馬岳登山

ペースがかなり早いですよね??

さらにペースがあがったのか、9:45には稜線に出ていたようです。

白馬岳登山

正面に旭岳、左に行けば杓子、右が白馬の山頂へ
進む先に立ちはだかるように見えていた白馬山荘

白馬岳登山

まだ付近の山にはたっぷりと雪が残っています

白馬岳

こうして雲の合間から見え隠れする景色を見ながらたどりついた標高2932m
10:23とタイムスタンプが押されていました。

白馬岳登山

4時間40分あまりで猿倉から白馬岳の山頂へ

景色が楽しめなかったことが残念と言えば残念でしたが、山頂で感じる風は涼しく、達成感はたっぷりありました。


山頂から少し下った白馬山荘前では、レンガを使ったこんな案内が足元にできています。

白馬岳

なかなかの優れもので、その場所に立ちながら周囲に見えている山がよくわかるようになっていました。

翌朝も仕事だったので、帰路へ


普段からよく走っているえいちゃんではありますが、さすがに翌朝からは太ももとふくらはぎにしっかりと筋肉痛が・・・。
この日は下りの階段を降りるのが厳しかったようです・・・。


ホテルスタッフの中では白馬登頂は今年の一番乗りでしょう。
花も今年は当たり年と言われています。
登らないと感じられないことがたくさんありますので、ぜひみなさまも山頂まででなくっても、花三昧にお出かけくださいませ。


写真 えいちゃん
文 とみしん




23:40 | Comment(2)
このカテゴリ【白馬周辺の山(唐松岳以外・白馬乗鞍から五竜まで)】からの最近4件
この記事へのコメント
えいちゃんに先を越されましたが、私達も行ってきました、念願の白馬岳!
山の上から見た景色に感動、感動また感動でした。
そしてなんといっても白馬岳で飲んだビールは最高ーーッ!(^^ゞ
ますます白馬が好きになりました。

追伸:下山後、居酒屋ハイランドで飲んだいつもの「夜明け前」は普段にも増して美味しかったです(^^ゞ
…もしかしてただの飲兵衛?
Posted by 居酒屋ハイランドの常連客 at 2018年07月20日 06:58
お二人の満足気な、そしてキラキラとしたお顔をお伺いして私まで幸せな気持ちになりました!(*^^*) “夜明け前”さぞ美味しかった事でしょうね!?
Posted by amitakutama chan at 2018年07月23日 16:37
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。