ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年08月07日

白馬岳で出会った花2018【番外編】

花の山、白馬。
田中澄江さんの花の百名山にも選ばれていますが、実際にその花の多さは目を見張るものがあります。

種類も多い以上に、数が多い。
花に興味のある方には、ぜひ登っていただきたいなと思いながら、逆に興味のない方にはただの意味不明な花の写真の羅列になってしまいそうな今夜の記事

咲いていた花、さすがに全種類を写真には収められていませんが、見てきたものを紹介いたします。
多分2/3以上の種類は撮ったと思いますが、登ることに一生懸命でしたので、じっくり見ながら登ったわけではないんです。

花の名前を間違って書いていることがありますが、その際はご容赦くださいませ・・・。



撮った順番で書いていきます。

黄色の花です。
朝日が当たって色が飛んでしまいました。


1、タマガワホトトギス

白馬岳の高山植物

大雪渓に向かう、御殿場から先に咲いています。


2、エゾアジサイ

白馬岳の高山植物

実際には青がなんとも言えない色で、非常にいい色だと思うんです。
これも御殿場から先に進んだあたりで咲いています。
そう、猿倉からの登山道にもありますね。


3、オニシオガマ

白馬岳の高山植物

ほのかに甘い香りが漂って、虫たちが集まる花
背の高さほどになり、花も大きいので目立ちます。
大雪渓遊歩道で見られます。


4、サンカヨウの実

白馬岳の高山植物

ブルーベリーを少し大きくしたような実が白馬尻手前にたくさん見られました。
この実は鳥もサルも手を出しませんので、そういうことですね。


ここから白馬大雪渓では花が近くにはありませんので、ぐっと登って亜高山帯上部から高山帯に入っていきます。


大雪渓を歩き終わると、最初に迎えてくれた目立つ花がこれでした

5、クルマユリです

白馬岳の高山植物

雨が降っていないのにもかかわらず、花弁がとってもみずみずしかった。
しかりと花を咲かせていて、これまたよく目立っていました。
お花畑のあたりまで、登山道の近くで咲いているのがわかります。


6、ミヤマクワガタ

白馬岳の高山植物

葱平の砂礫地で花を咲かせていました。
ピンボケになってしまいましたが、実際にカメラのモニタで見ていませんでした。
クワガタソウの仲間は、これから上部へ行くともう一種類を見ることができます。


7、カンチコウゾリナ

白馬岳の高山植物

葱平から頂上宿舎にかけてたくさん咲いています。
花の下が黒いのがポイント


8、イブキボウフウ(タカネイブキボウフウ)

白馬岳の高山植物

この種類の花の写真を撮る時には、一緒に葉っぱもとってあげないと、何の花なのかわからなくなってしまいますよね。
この細い葉っぱはイブキボウフウでしょう。
大雪渓より上には全域で見ることができます。



9、キバナノカワラマツバ

白馬岳の高山植物

私、こういうこまごました花って好きですw
八方尾根でも見られる花ですが、葱平でもぽつり、ぽつりと咲いていました。


10、ミヤマトリカブト

白馬岳の高山植物

いわゆる毒草
トリカブトやマツムシソウの花が咲くと秋が近いんだなと感じてしまいます。
8月頭でしたが、トリカブトの花がお花畑周辺で見られました。
ただ、これからもっともっと目立ってくるはずです。


11、シロウマアサツキ

白馬岳の高山植物

葱平にはこのアサツキが多いからということで名前がついているはずですが、今回の登山ではほとんど見られませんでした。たまたま私が見落としただけなのか??


12、テガタチドリ

白馬岳の高山植物

葱平であいました。
他にもきっと咲いていたのでしょうけれど、私があったのはこの二株だけ。
千鳥系の花は一輪一輪の造りが複雑で好きです。マニアックですw


13、ミヤマアカバナ

白馬岳の高山植物

登山道の岩と岩の間なんかからちいさく花を咲かせています。
この写真は小雪渓のあたりで撮ったものだったと思います。
もう少しピンク色をした個体もあるんですよね。


14、ミヤマキンポウゲ

白馬岳の高山植物

白馬大雪渓というとこの花も写った写真がよく出てきます。
雪どけに目立つ黄色の花を咲かせます。
今回はお花畑手前辺りが一番きれいに咲いていました。


15、ミヤマキンバイ

白馬岳の高山植物

正直私、キジムシロとの違いがよくわかっていません。
これは小雪渓の先で出会った個体です。


16、オオハナウド

白馬岳の高山植物

葉っぱがよくわかりませんが、たぶんオオハナウドでしょう。
葱平からお花畑周辺で多くの数が咲いていました。


17、シナノキンバイ

白馬岳の高山植物

ホテルの庭にも植えているのですが、花が咲きません。が、白馬岳ではたくさん咲いていました。鮮やかな黄色が美しい、ミヤマキンポウゲの二倍くらいの花です。
水場周辺はシナノキンバイが占拠していました。


18、ミヤマタンポポ

白馬岳の高山植物

パッと見たら普通のタンポポと変わりませんw


19、20、ミヤマアキノキリンソウ(黄色)とクロトウヒレン(紫)
お花畑で撮りました。

白馬岳の高山植物

ミヤマアキノキリンソウは名の通り秋を知らせる花ですが、登山道全域で花が見ごろでした。
確かに暦の上では立秋でしたが。


21、タカネナデシコ

白馬岳の高山植物

お花畑上部から稜線手前までの間でいい色で咲いていました。
花自体はそう大きくありませんが、しっかりと目立つ花です。



22、タイツリオウギ(実)

白馬岳の高山植物

花は終わってしまっていました。
ただ、この花はこの実から花の名前になっていますので、これでいいんです


23、オオカサモチ

白馬岳の高山植物

お花畑で見られます。
真ん中が一番先に咲くから?黒くなってきていて、周りに白い見ごろな花が見られます。


24、ハクサンフウロ

白馬岳の高山植物

これも葱平から頂上宿舎にかけて、お花畑周辺が一番咲いていました。
これも私、ホテルの花壇で育てています。
ただ、こうして他の花の中で見るのが一番いきいきとして咲いているようにいつも思います。


25、オタカラコウ

白馬岳の高山植物

白馬尻のすぐ手前の登山道脇にも咲いていましたが、お花畑を過ぎた先の登山道の脇の群生の方が規模も大きくきれいでした。
水が好きな花です。今年の雨不足も関係ないような咲きっぷりでした。


26、シロウマチドリ

白馬岳の高山植物

この仲間の見分けって花の一輪を良ーく見ないとわかりません。
私流の見分としては、花がハートマークを作っていたらシロウマ
バンザイしてたらキソチドリ・・・これで合っているのでしょうか?


27、エゾムカシヨモギ

白馬岳の高山植物

これでもれっきとした高山植物です。
何て地味。地味のためピントが合っていませんでした。お許しください。


28、ミヤマコウゾリナ

白馬岳の高山植物

コウゾリナって街の空き地とかでも見られる花なんですが、それの高山型
カンチコウゾリナとは大きさも雰囲気も異なります。


29、テングクワガタ

白馬岳の高山植物

最初の方に出てきた6、ミヤマクワガタの仲間
何かの本で山小屋近くに良く咲いていると書いてあった記憶がありますが、何の本だったのかは忘れました。
非常に小さな花です。


30、イワオトギリ

白馬岳の高山植物

あまり数は多くありませんでしたが、頂上宿舎手前にありました。
名前には深い由来が隠されています。


31、イブキジャコウソウ

白馬岳の高山植物

小さな花ですが、こうしてグランドカバー状に広がります。
葉っぱを触ると、ちゃーんと手ににおいがうつります。
和製ハーブというものですね。


32、ミヤマシオガマ

白馬岳の高山植物

白馬岳頂上宿舎付近で咲いていました。
この近くにもう一種類シオガマ菊の仲間がいるんですね・・・。


33、イワギキョウ

白馬岳の高山植物

花に産毛がないのがイワギキョウ
毛がある種類をチシマギキョウと呼んで区別していますが、ミックスしてしまってください。


34、ウルップソウ

白馬岳の高山植物

ほとんどのウルップソウが終わってしまっている中で、わずか数株だけが残ってくれていました。


35、ヨツバシオガマ

白馬岳の高山植物

これも八方尾根でよく見られます。
白馬岳では頂上宿舎から白馬山荘までのわずかな間で見られました。


36、タカネツメクサ

白馬岳の高山植物

白馬岳の稜線に出たところから頂上にかけて咲いています。
盛りは過ぎた感が出ていました。


37、トウヤクリンドウ
秋を知らせる花

白馬岳の高山植物

白いリンドウです。
お花畑から先、稜線で見られました。私この花好きです。


38、シロウマリンドウ

白馬岳の高山植物

今回初めて生を見ました。
白馬山荘手前で一株だけ咲いていました。


39、ホソバツメクサ

白馬岳の高山植物

稜線でたくさん咲いている印象を持っていましたが、今回あまり大きな株も見ていません。
八方尾根の八方池周辺でもこの花が見られます。


40、ミヤマウイキョウ

白馬岳の高山植物

稜線にたくさん咲いています。
白馬山荘から松沢貞逸碑へと東側を周る登山道を行くと特にたくさんのミヤマウイキョウが咲いていました。


41、ミヤマアケボノソウ

白馬岳の高山植物

黒い花なので目立ちます。
リンドウの仲間??
頂上宿舎手前にも少し咲いていますが、40と同様に白馬山荘一号館の前をつっきっていく登山道でたくさん見られます。


42、イワツメクサ

白馬岳の高山植物

稜線で見られます。
これも八方尾根の八方池周辺にもありますね。
太陽が本当に好きなんでしょう。陽を目いっぱい浴びて花を咲かせています。


43、ミヤマダイコンソウ

白馬岳の高山植物

花の咲いている時間が短い花
全部の花が満開という状態を見たことがありません!?
見ごろは過ぎたように思います。春の花です。
これは白馬頂上付近です。


44、オノエリンドウ

白馬岳の高山植物

咲いている場所が限られるリンドウ
頂上宿舎付近と、白馬山荘のあたり
山荘近くが好きなんでしょうか??


45、ミヤマダイモンジソウ

白馬岳の高山植物

頂上宿舎から白馬山荘への登山道沿いで咲いていました。
ダイモンジソウは漢字の「大」の字に見えますが、ミヤマダイモンジソウって大が少ないです。


46、ミヤマリンドウ

白馬岳の高山植物

小さな花ですが、青が美しい。
頂上宿舎からテント場がわの登山道から稜線にあがる道沿いで見られました。


47、チングルマ(実)

白馬岳の高山植物

花はすでに終わってしまっています。
花は春の雪どけの花ですものね。
46と同様の場所で見られました。


48、シラネニンジン

白馬岳の高山植物

頂上宿舎付近で見られます。
小型のセリです。
花の時期が長いのか、いつも咲いている印象がある花です。



49、タカネヤハズハハコ

白馬岳の高山植物

あまり数は多くありませんでしたが、頂上宿舎のテント場前の登山道に咲いていました。
背景の右上に写っているのが白馬山荘です。


50、ウサギギク

白馬岳の高山植物

花が大きいので目立ちます。
黄色いので目立ちます。
花は咲いてさえいれば目に入ってきます。
頂上宿舎から白馬山荘への間の登山道わきで開花していました。


51、ムカゴトラノオ

白馬岳の高山植物

もっと状態のいい花があるかなと探していたのですが、花のピークは過ぎた様子。
満開だともっと花が白いんです。
これは終わりが近いという証。



52、クモマミミナグサ

白馬岳の高山植物

頂上宿舎付近の登山道で。
それ以外は咲いていたのかもしれませんが、目に入りませんでした。
この花は八方池周辺でも見られます。


53、イワオウギ

白馬岳の高山植物

葱平からお花畑、稜線まででたくさんあるはずですが、花の盛りはたぶん終わりです。
所々でこうして花がしっかりと咲いた状態で残っています。


54、ハクサンイチゲ

白馬岳の高山植物

雪どけの花です。
もっと近くでと思っていたのですが、なかなか近くには咲いていません。
この写真は頂上宿舎の少し下、階段が続くあたりで咲いていた群落を撮りました。


55、ウメバチソウ

白馬岳の高山植物

これも秋の花ですね。
頂上宿舎手前でわずかに咲いていました。
これから花の数が増えていきます。


56、ミヤマオダマキ

白馬岳の高山植物

雪どけの花ですが、これは避難小屋近くで撮りました。
それ以外では目に入りませんでした。
青がなんとも言えないきれいな色じゃありませんか?


57、ミソガワソウ

白馬岳の高山植物

白馬大雪渓周辺でたくさん咲いているのですが、ちゃんと写真を撮っておくのを忘れていて、下りがてら一枚と思って念のために撮ってあったものです。
こらから数が増えるとともに、見ごろが長くなっていきます。


58、オオレイジンソウ

白馬岳の高山植物

白馬尻周辺で見られます。
トリカブトを白くしたような花です。
これもほどなくで見ごろを終えそうです。


59、シシウド

白馬岳の高山植物

白馬大雪渓への登山道、特に御殿場付近ではたくさん見られます。
3mくらいになっているので、見ないほうが難しい!?


60、ソバナ

白馬岳の高山植物

白馬大雪渓遊歩道で見られます。
下向きに咲く紫の花です。



と、とりあえずで60種類
ただ、明らかにもっとありました。
クロクモソウ
アオノツガザクラ
ミネウスユキソウ
キオン
タテヤマアザミ
チシマギキョウ
ミヤマムラサキ
オヤマソバ

あとはぱっと浮かびませんが、花には困りません。
山野草がいいのか、それとも高山植物がいいのか
花の本を一冊、持っていると安心かもしれません。



花にも大満足でした。



とみしん






23:57 | Comment(2)
このカテゴリ【白馬周辺の山(唐松岳以外・白馬乗鞍から五竜まで)】からの最近4件
この記事へのコメント
とみしんさん
花が咲いていると、私の場合つい花のアップだけになってしまいがちなのですが葉も必要なんですね。
7月に撮影した五竜と八方尾根での写真で似たような花がいくつかあり名前が判りませんでした。
次からよく考えて撮影したいと思います。
ど素人からの質問です。
ミヤマ・・・・とよく名前がついていますが、ミヤマは何を指しているんでしょうか?
(しようもない質問でごめんなさい)
Posted by かさやん at 2018年08月08日 16:14
すごくその花のことを知っている方なら花の微妙な違いで花を見分けちゃうんだと思いますが、私なんかは葉っぱもあると見分けが楽なんです。
花にピントが合っている写真でいいのですが、葉っぱもぼんやり入れてもらえると後からわかりやすいと思いますよ。
個人的な意見でしたが参考までに。
えらそうに書いていますが、私も素人です(笑)

ミヤマ○○って多いですよね。
他にもクモマ○○や、山の名前がついたような
タテヤマ○○、ハクサン○○、イブキ○○
なんかがありますが、
ミヤマ=深山ということで、山奥で咲いていたから平地のものと混同しないようにそんな名前がついたのかなと。
標高1500m以上の亜高山帯から高山帯に生きる花にはミヤマ○○があるように思います(私の思い込みかもしれません)
Posted by とみしん at 2018年08月10日 15:17
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。