ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2020年02月11日

冬の間、八方根スキー場の調査を担当しています

2・3日前になりますが、
八方の朝一リ―ゼンに行ってきました。

日曜日は通常7時半ですが、
朝一リ―ゼン開催時は6時45分からになります。
朝は冷え込んでいるため雪の粒子が軽く、
雲の上を滑っているような感覚が味わえますよ。

200209_0730_02.JPG


8時頃になり上が空いたので、
うさぎから登りスカイラインコースに滑り込むと、
昨日からの積雪が30cmほど積もっていて
気持ちよいパウダースノーが味わえました。

上部はどこも雪質がよく、
最高のコンディションでした。

しかし、日曜日で人が多く、
通常コースはリフト待ちが多かったので、
下山コースの調査に向かいました。

下山コースはどこも一部滑走で
溝や穴、ブッシュなどが多いので慎重に行きましょう。

国際ペア1の横は毎年非圧雪バーンで
気持ちよくパウダーを楽しめますが、
今年はブッシュが多くて難易度が高かったです。
それでも雪質がよく気持ちよく滑れました。

200209_0919_01.JPG

パノラマの下のオリンピックコースも
ブッシュが多く斜度もあるのでかなりテクニカルでした。
国際ペア1までは圧雪が入っていて安全に移動できましたが、
所々土が出ていました。

セントラルはリフトが動いていないですが、
ゴンドラまで降りれる、ということで行ってみました。
なかなかテクニカルなバーンでしたが、
雪が深くパウダーボードだったのもあり
失速することもなく気持ちよく滑れましたが、
所々溝や大きいこぶがあり、まだまだ厳しそうです。

そのまま名木山方面に向かいましたが、
まだ整備されていないので、
ゴンドラ方面から向かうのはかなり危険でした。
後ろから来たスキーヤーが一人はまっているのを見ました。

咲花はクアッドリフトだけ動いているようなので、
行ってみると意外に雪が多く、こぶ斜面も雪がついていました。
林道の圧雪もされているので安心して降りれました。
こぶはアイシーでなかなか難しかったです

200209_0851_02.JPG

調査の結果、
下山コースは咲花、名木山以外は、
まだまだ厳しい感じです。
上部はとてもいいので無理せず上を滑りましょう。


みこちゃん

【ほわいえ 本日の一品】
200210_1737_01 (1).JPG

「のどぐろと信州野菜の信州ピリ辛みそ炒め」です。
揚げたのどぐろと信州野菜を豆板醤と信州みそで炒めました。
12:36 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]