ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2013年07月03日

五竜小遠見山へトレッキング編

ちょこっと行ってきたの。
そういいながら写真を渡してくれたスタッフたまちゃん

今回は五竜の植物園ゾーン、地蔵ケルンゾーン、そしてさらに足を伸ばして小遠見山までのトレッキングを楽しんできたようでした。


私ね、こないだ大渚山行ったでしょ、あの時スニーカーで歩いたら雪でズックがぐしゅぐしゅになってね、だから今回は反省してこれ
小遠見山トレッキング

完璧だったの!
と、今回は長靴たまちゃんが行く、小遠見山トレッキング編です
続きを読む


2013年05月26日

第47回白馬連峰開山祭・貞逸祭

白馬岳開山祭・貞逸祭
じゃーん
いよいよやってまいりました、第47回白馬連峰の開山祭

今年で4年目?5年目??
私どもでも、一緒に開山祭のイベントに参加しようというプランを今年も実施いたしました。


今回の開山祭〜大雪渓への記念トレッキングの参加者はこの数年では類を見ないほどの大勢の方が参加されました。総勢300名を上回ったということです。
ちょっとした裏話になりますが、ゴールデンウイークに大雪渓でなだれの事故があったため、村では「もしかすると開山祭の参加者が少なくなってしまうかも?」という不安があったそうで、5月に入ってPR活動を積極的に行なったそうです。
それも功を奏して、予想をはるかに超える参加者となりました。
白馬岳開山祭・貞逸祭

続きを読む

2012年10月04日

【緊急速報】白馬の紅葉情報

こんばんは。
今夜はのんさんが何かおいしい記事を書く予定でいたようでしたが、すみません。臨時ニュースをお伝えします。


なぜ急に変更したのかというと、本日チェックインされたみなさまからの「紅葉がきれい」という話があまりに多かったから。。。

暑いという話題はどこへやら?
白馬の山の上ではただいま紅葉が見ごろになった宣言を出させていただきます。


残念ながら現地に足を伸ばすことはできませんでした。
ただ、どんな様子なのか気になるかたが多いはず。
そこで、栂池山荘でほぼ毎日現地の情報を発信している知人のブログから、勝手で恐縮ながら写真を借りまして、お知らせいたします。
元の写真:栂池ブログ・栂池自然園日記>>

紅葉
続きを読む

2012年08月26日

目の前の山、憧れの山へ。白馬岳登山3


白馬岳登山1>>
白馬岳登山2>>

からの続きです。

白馬縦走
白馬岳山頂をあとにし、小蓮華岳、白馬大池経由で栂池へのルートを歩き始めます。
名残惜しい気持ちもありましたが、もうすでに次はいつこの景色が見られるかなと、楽しみな気持ちも半分。
次回は誰と登ることになるかな??
山頂出発は8:50
白馬縦走
北西には黒部市のあたりから日本海、朝日岳、雪倉岳

そこから進行方向に顔を向けるとこれから歩く雲上のルートが見えます。
続きを読む

2012年08月25日

目の前の山、憧れの山へ。白馬岳登山2

※この記事は 白馬岳登山1>> の続きです

白馬山荘
日本最大の山小屋。
現在は収容人員800名と書かれていますが、数年前までは1500名という表記になっていました。
かつて一晩で4500名を泊めたという話も聞いています。

白馬岳山頂に向かって歩くと、登山道が白馬山荘の真ん中を抜けるように通っています。(登山道両側に白馬山荘建物があるわけです)
白馬縦走
登山道がちょうど県境となっており、受付があるのは長野県側(右)
ホテルで言うチェックインは受付で行います。
白馬縦走
氏名や登山予定ルートを置かれている用紙に記入して受付に提出します。

食事の有無を確認して料金先払い。
1泊2食付相部屋でお一人様9000円は、日によりますがハイランドよりも少しだけ・・・。
お弁当付だと10000円、朝食無しで1000円引きなどバリエーションで選べます。
また、避難小屋になっているので予約をしていなくても泊まれますが、最初から予定しているのであれば予約を入れておきましょう。



続きを読む

2012年08月24日

目の前の山、憧れの山へ。白馬岳登山1

5年ぶり。
長かった。本当に。

その間、自分の中でも様々なことが起きて、体力的にだいぶ変わりました。
いつかは登りたい。でももしかしたらもう行けないかもしれない。
そんな弱気な思いをしたこともありましたが、先日連休をもらって白馬岳を目指しました。

前回同じようなコースを歩いたのは実に5年前
2007年8月23日の記事>> 

そう、今までは大雪渓を登るのがしんどくて、栂池自然園までロープウエイで上がり、白馬大池経由で大雪渓を下ることが多かったです。
が、久しぶりの山旅
時間は2日間あります
だったら大雪渓を登ろうじゃないかということで、8時すぎ出発しました。

何年か前までは歩くペースが速かったので、登山時間はあまり参考にはならなかったと思います。
ただ、今回の山は誰を追い抜くわけではなく、どちらかというと遅いくらいのペースでした。
写真に記録された時間で山旅を追っていきましょう。


8:50 猿倉
白馬縦走
登山届を提出
今回アイゼンはなし。
トイレは清掃中でしたし、白馬尻で済ませればいいなと思って出発です。
しっかり準備体操はしておきましょう。
ちなみに猿倉駐車場はこの日は8時過ぎていましたが、まだあいていたようです。

続きを読む

2012年08月05日

白馬大池、山の思い出

いつまでも引きずっているようで申し訳ない気持ちもないわけではありませんが、もうちょっとだけ写真にお付き合いくださいませ。

栂池から白馬大池を往復してきたときに撮った写真です。
あまり紹介できなかった花を載せます。


白馬大池ではチングルマがお花畑を作っていました。
その白い花に混じって、大雪渓を登っていった先にも群落があるこの花
白馬大池
ハクサンイチゲも見ごろでした。
この花に出会うとアルプスの山の上に来たなと実感する花。
池に比較的近い場所で見ごろを迎えていました。

続きを読む

2012年08月04日

白馬乗鞍岳〜白馬大池へ 2

昨日の夜、どこまで登ったのでしたっけ?


そうそう、登りはじめが栂池自然園の1850mですから、標高2400mまですでに550mも登っていることになります。明らかに気温が涼しいです。
ロープウエイで栂池自然園へ上がった際に感じた「涼しい」はどこへやら。

確かに歩き始めてすぐに山から下りて来た方が、すれ違う際に「やっぱり下は暑いなぁ2500mは涼しかったなぁ」とボソッと奥様に話しているのか、私に発しているのか判断つきませんでしたが、そう話していました。

確かに2400m涼しいかも!
そりゃそうなのですが、雪との相乗効果で登るにしたがって元気も出てきています。


雪を越えて細く急な10mののぼりを越えると平らになります。
白馬乗鞍の稜線に出ます。白馬大池


続きを読む

2012年08月03日

天狗原〜白馬乗鞍岳へ 1

突然ですが勢いって大事ですよね。

決して無計画というわけではありません。
ただ、7月31日23時 ホテルのデスクにて。。。
このブログに書いていた記事が良くなかった!?
山の話を書いていた私。。。

明日の予報晴れ、天気図良好
8月1日は休もうかなと半分迷っていた日(本心では休みたかったのですが)

決定!

8月は山歩きではじめましょう。
1日は先日登った唐松岳(山荘までですが)同様に、久しぶりとなる白馬大池または白馬乗鞍岳を目指そう!
白馬乗鞍岳が厳しかったら天狗原まででどうだろう。明日は一人。無理せずに早起きできたら歩こう。
7:30には家を出るぞ!!

そうして7:50起床(いつもより遅くに起きてしまいました)
それでも外を見ると「SUPER」と付きそうなほどの快晴で山がくっきり見えています。
支度をして出発です!

天狗原・白馬乗鞍へ
栂池ゴンドラリフトはまさにパノラマウエイでした。
8月にこんな天気は珍しいこと。ただ朝余裕がなかったせいか、なんとなく頭がすっきりしません。
不安な気持ちがあったのか、ちょっと体がしんどく感じます。
無理せず行こう

続きを読む

2012年03月04日

槍ヶ岳を追う

こんにちは、スタッフのんです。

今日は晴天の白馬村♪
北アルプスも綺麗に見られて、日帰り入浴にお越しいただいたお客様も
『こんなに景色のよいお風呂は初めてだよ!』
と、お声をいただきました。

ありがとうございます。
確かに、北アルプスが見られるとスタッフもワクワクしてしまいますもん♪

でも私、北アルプスで一番好きな山は【槍ヶ岳】なんです。

槍ヶ岳は長野県松本市と大町市、岐阜県高山市をまたぐ、
日本で5番目に高い山です。

私が槍ヶ岳が好きな理由、
それは槍ヶ岳はどこから見ても名前の通り【槍】=【とがっている】んです。

白馬岳は白馬村から見ると、なだらかな稜線ですが以前、
黒部ダムから見た時、とても鋭角な姿にわかりませんでした。

それからと言うもの、北アルプスを見ると槍ヶ岳を探してしまいます。
でも見られる場所がないな・・・。
と思っていたら!

街中から、槍ヶ岳が見られる場所があるとスタッフよういちさんから教わりました。

写真を見せてもらいました↓

槍ヶ岳が見える.jpg

続きを読む

2011年10月15日

晩秋のアルプス稜線歩き

今年はホテルスタッフが例年に増してよく山に登っています。
一方で私は今までで一番山に行っていないような気がしています。
いや、事実かもしれません・・・。
でもその分ホテルからしっかりと山を眺めて想いを馳せています。

紅葉の進む10月10日、以前大雪渓から日帰りで白馬岳のピークハント日帰り登山をしたスタッフまなべぇさんが今回も日帰りでアルプス縦走して来ました。
一人でよくもまぁ頑張って歩いたもんだと感心するようなコース

蓮華温泉 >> 白馬大池 >> 小蓮華岳 >> 白馬岳 >> 大雪渓 >> 猿倉

というコース
通常であれば山で一泊して満喫するような行程ですが、まなべぇさん強行軍
薄暗いうちから登りだして歩いてきたようです。
晩秋の稜線歩き
蓮華温泉から登りだして辺りが明るくなった頃、雪倉岳が色づく様子が伺えました。

さらに足を進めます
続きを読む

2011年10月03日

初冠雪しました!

こんにちは、スタッフのんです。
ここ数日、白馬村では寒く感じる日が多く
特に昨日は夕方から山麓でも強風だったので、

もしかして???

と思ったら、やはり3000m級の北アルプスでは雪が降りました!

初冠雪.jpg

朝方は雲に隠れていたものの10時を過ぎた位から徐々にその姿を現しました!
やっぱり、雪のある北アルプスは迫力があります。

でも降ったばかりですので、山麓から見てもサラサラした感じで
『まるで、粉砂糖をかけたみたいで食べたら美味しそう♪』
と、スタッフ同士で話していました。

昨年の初冠雪は10月下旬だったので、今年はだいぶ早いです。
やっと八方や栂池上部の紅葉も良くなってきたと言うので、
三段紅葉も間もなくですね。

のん
タグ:初冠雪

2011年09月10日

夏の終りの白馬大雪渓へ

山・・・・。
昨年の春に退院してからというもの、急激に山に行く回数が減ってしまいました。
体が悪いとかそんなんじゃありません。退院してから仕事の量が増え、単純に休めない(半分言い訳かも)状態だったからです。
でも、せっかく山のすぐ近くにいて見ているだけじゃもったいない。
夏の花の盛りは過ぎましたが、9月6日足慣らしを兼ねて白馬大雪渓へ行ってきました。
本当は八方尾根から唐松岳を目指し、天気次第で山頂に泊まってこよう!

と考えていましたが、台風一過とまではいかず、計画変更しての白馬大雪渓です。
白馬大雪渓

もう久しぶりすぎて嬉しくて途中で車を止めながらの猿倉を目指しました。
写真はちょうど二股、おびなたの湯のあたりです。
以前も書いたかもしれませんが、真夏は猿倉の駐車場が満車になるとこの場所に係員が立ち、Uターンの指示が出ることがあります。
続きを読む

2011年08月26日

見えちゃいました!北アルプス白馬三山

こんにちは、スタッフのんです。
昨日は夜から、困った事に雨になってしまいました。

今朝も、時より強い雨でした。
八方や栂池を目的としていたお客様もあきらめてお帰りになりました。

しかし!なんと11時頃、ふとロビーに行ったら見えちゃったんです。
そう、天気は決して良いとは言えないのに北アルプスが雲の間から見えていました↓

突然見られた白馬三山.jpg

嬉しさのあまり鳥肌が立ってしまいました。


続きを読む

2011年07月16日

白馬大雪渓からお花畑へ

昨日大雪渓まで書きましたが、実はまさきさん。
さらに登っていました。
大雪渓へ踏み入れます。

白馬大雪渓からお花畑へ
この景色

空へと上る雪の坂
大雪渓は斜度が緩やかになったり急になったりを繰り返します
全長2kmという雪渓、もしも平坦な2kmなら30分くらい?
雪渓はそうやすやすと通してくれません。
距離では2kmですが、その間で標高差600mを登ります。
立派な急斜面。

実は大雪渓は雪があるからこそ「楽」なんです。
9月の終りに大雪渓から白馬岳を目指すとその「雪のない辛さ」がわかりますよ。

続きを読む
タグ:白馬大雪渓

2011年07月15日

猿倉から白馬大雪渓へ

今年も気持ちよく夏が訪れました。
海の日の連休前にこうして梅雨明けしてくれると嬉しいです。
ホテルにも大勢の登山目的の方がやってきてくれるからです。

チェックインするときの格好がやっぱり違います。
きっと降りてきたら日焼けして真っ黒になっているんだろうな。
そんなことを考えながらチェックインのご案内をしています


さて、登山の時期
白馬ではやっぱり白馬大雪渓を経由して白馬岳を目指す方が多いのではないでしょうか?
昨日、14日にホテルスタッフのまさきさんが日帰り登山で行ってきました。
写真をもらいましたので紹介します。

まず猿倉駐車場の情報です。
白馬大雪渓へ

続きを読む

2011年07月08日

五竜高山植物園を一周

昨日も書きましたが、実は比較的天気の良かった6日
スタッフ青ちゃんも五竜高山植物園を歩いてきていました。

・・・・それも天気がいい日

景色の具合もわかりますので6日の様子を改めて紹介します
五竜高山植物園
ここは五竜のゴンドラを降りたアルプス平の展望台

八方尾根の奥に見えているのが白馬三山
五竜からはこんな具合に見えるんですね。

続きを読む
タグ:五竜

2011年07月07日

白馬五竜高山植物園

山野草園から高山植物園に名前を変えて今年で2シーズン目となる白馬五竜


八方尾根や栂池自然園ほど時間もかからずに、軽装で山の上に登れる場所としてホテルでもご案内させていただいています。
ちょろっと行ってきましたので紹介します!
ホテルから車で10分ほど。
五竜エスカルプラザという山麓の入口に車を停めてゴンドラへ向かいます
五竜高山植物園

今この山麓ゾーンも工事していて、ここにもロックガーデンでもできそうな感じ。
夏の魅力的なスポットとしてまだまだ盛り上がりそうです。

続きを読む
タグ:五竜

2011年04月18日

幻の雪形???

こんにちは、スタッフのんです。
今日の朝はとても良い天気だったのに、今は雨模様の白馬村・・・。
そして今週は、気分屋の私みたいな週間予報になっています。

今日のブログの記事は、スタッフのよういちさんが発見した、今シーズン初?の雪形の紹介です。

雪形とは、北アルプスに限った物ではありませんが、山の岩肌の茶と残雪の白が作り出す模様が、動物や人に見える物を雪形と言います。

白馬では、有名な白馬岳に現れる【代掻き馬】でしょうか?
丁度、田植えを始める時期(白馬村は5月中旬ごろ)に現れ、昔の人はその雪形を見たら田植えをしていたそうです。

雪形は昔から受け継がれてきた物もありますが、誰でもMY雪形を探す事が出来ます。
私も以前に、白馬岳の下部に【雷鳥の雪形】を発見しました。
→その時の記事

続きを読む

2010年09月25日

今日は久しぶりの晴天

最近、本当に涼しくなった白馬村

今、ブログを入れているこの時間(21:45)は
なんと気温9度・・・。

半袖では寒いです。

お客様にも、暖房は使えるの?
と問い合わせをいただくほどです。

もちろん、暖房をお使いいただけます!

昨日も家に帰り、こたつをつけようか迷いましたが
寒いとは言っても9月・・・。
まだ我慢しなければならない気がしてあきらめました。

しかし、寒くなると言う事は天気が良くなると♪
空気が澄んでくるので北アルプスが綺麗に見られます。


今日の白馬三山を見る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。